『知ってるワイフ』キスシーン感想

2019-10-12

知ってるワイフ(全16話)
아는 와이프
Familiar Wife
tvN 2018
日本初放送:Mnet 2018年11月

IromegaR評価
ストーリー    
キスシーン    
ケミストリー  
演出:イ・サンヨプ
脚本:ヤン・ヒスン

出演:チソン、ハン・ジミン、カン・ハンナ、チョ・スンジョ

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「知ってるワイフ」感想

キャスト

 チソン
相変わらず作品選びがうまいなぁと思いましたが、実は一度断っている作品で、粘り続けたスタッフに感謝。
こんなに普通のチソンは見たことがない、だけど見てみたかった素のようなチソンが見られ、始終楽しく拝見しました。
「被告人」のパパとは違ったパパぶりがまたリアル。

相変わらずキスシーンもうまいなぁと感心しましたが、力み過ぎない演技がホントに素晴らしく、安心して見ていられました。

 ハン・ジミン
チソン×ハン・ジミンなんて絶対見るしかないでしょ、といわんばかりのキャストなのですが、序盤からスゴ過ぎて引くくらいの鬼嫁演技に、カメレオン女優であることを実感。
共演者に恵まれ、本当に素敵にキャリアを積んでいます。

初回は「あれ、見たい流れではないのかも」と失速するかに思えましたが、脚本力、キャスト、演技力の三拍子に、どんどん引き込まれていきました。

車を運転すると豹変するウジンも可愛かったです。

高校生×大学生を演じても違和感のないくらい童顔の主演たちにも驚きましたが、ケミのよさは思ったとおり。
犬のような大きな瞳で見つめ合ったり、手をつないだり、普通のしぐさが絵になる2人。

思いのままに演じて、チソンに受け止めてもらっているように見えましたが、実際の現場もそうだったよう。
アドリブも満載で、2人の演技にはカットが入らないくらいだったようなので、監督も撮りやすかったのではないでしょうか。

 チャン・スンジョ/オ・ウィシク
他の作品でもお目にかかる機会がとっても多く、ジュヒョクの親友を演じた売れっ子の2人。
時折カメラが捉えるジュヒョクにあきれるジョンフの表情など、思わずクスっと笑ってしまうシーンも多く、本当に仲のよさそうなブロマンスが、画面を通して伝わってきました。
この3人のシーンもアドリブが多そうでしたね。

チソンと同じく大きなおめめが印象的なパク・ヒボンが、ジュヒョクの妹役というのもぴったりでした。

 エン(VIXX)

序盤から嫌な奴だったけれど、シーンスティラーぶりがすごかったファン役。
VIXXといえばホンビンでしたが、こんな子もいたのですね。

すごく間がいい演技だなと思っていたのですが、絶妙なタイミングで吐かれる毒は、先輩たちの支えがあってこそだったよう。
ベテラン揃いの銀行員役たちが、彼の台詞に合わせてくれていたようです。

ちょっとしたロマンスもあり、強烈な存在感を残しました。

演出×脚本

「ショッピング王ルイ」のイ・サンヨプ監督。
現場での演出は少なかったのではと思わせるほどに、アドリブも多そうで自由に演じてさせている感じが強い作品でしたが、肩の力が抜けた演技をさせる現場づくりは、監督をはじめとするスタッフの力ですよね。

14話ラストのジュヒョクの告白シーンは一番のお気に入りですが、ロイ・キムからSF9へと変化するOST、見つめ合うジュヒョクとウジンのカメラワークが相成った素晴らしい演出。

もちろんジュヒョクのストレートな告白も素敵だったのですが、そんな台詞を生み出したのは「ああ、私の幽霊さま」の脚本家ヤン・ヒスン。

後半の展開が気になるところに、ジュヒョクのライバルとして、カン・ソヌを登場させたのは粋でしたね。
チソン×チョ・ジョンソクの共演は、かなり贅沢な気分にさせられ、ジュヒョクは「嫉妬の化身」に。

同じく「ああ、私の幽霊さま」のカン・ギヨンは、前枠の「キム秘書はなぜそうかの」パク社長役として登場。

tvNドラマはパロディっぽいのが多いのも魅力ですね。

そして同じくウジンの母役のイ・ジョンウンの上手さも感じました。

ストーリー自体もファンタジーなんだけれど、どこかリアルで共感する部分が多い作品。

キャスティングも最高で、ジュヒョク×ウジン、3人のブロマンス、職場の銀行など、どのシーンも楽しそうな現場の雰囲気が伝わってきました。
相変わらずの小悪魔ぶりのカン・ハンナに優しいチソンだけは不思議でしたが。

ジュヒョクとウジンの2人が結ばれて終わってもよいところなのに、その後も丁寧に描かれているラスト。

同じ運命の人でも、想い方で共に歩む道も変わってくる。

大切な人と今を大事に生きることを教えてくれるシンプルストーリー。
シンプルゆえにキャスティングと演技力が光る作品でした。

「知ってるワイフ」キスシーンまとめ

チソン  ハン・ジミン
(ジュヒョクミン×ウジン)

 7話キス
学生のジュヒョクとウジンの回想ファーストキス。
ハン・ジミンの背丈に合わせ、包み込むようなチソンの演技。
ジュヒョクのウジンへの優しさが伝わる自然体が心憎いシーン。

 10話キス
お酒の力を借りてのウジンからの告白キス。
公園ではしゃぐウジンと、素直に受け入れられないジュニョクがせつな過ぎました。

 15話キス
サンシクとジュウンの結婚式帰りのベンチキス。
再び結ばれた今後の2人の展開が気になりましたが、その後はウジンの母に家の前でのお別れキスを見られる始末。
2人の驚く表情が絶妙でした。

 最終話キス
ジュヒョクの昇進祝いのゲームキス。
最後にゲーム機の登場は男性の心を鷲づかみにする心憎い演出。
はしゃぐジョフンとサンシクも楽しい。

Amazon Music Unlimited

Familiar Wife (Original Television Soundtrack)

「知ってるワイフ」OSTも聴き放題
OST 配信リスト
MP3購入方法

DRAMA

Posted by fan