『TWENTY-TWENTY』OST&感想

2021-05-09

IromegaR評価 

「A-TEEN」のスタッフがキャストを一新し、初演技のX1出身キム・ウソクらを迎え、悩める20歳を描いた青春ロマンス

母娘を演じる「十八の瞬間」でも独特のオーラを放っていたハン・ソンミンと、ぺ・ヘソンの熱演に注目(全20話)

트웬티트웬티/TWENTY TWENTY(2020)

ここから先はネタバレもあるのでご注意下さい



「TWENTY-TWENTY」OST

13話キスシーンOSTはこの曲

OST Part.2
「Just like the rain」 Gray

ヒョンジンの作業部屋でのキスシーンで流れていた楽曲。
テイストは違いますが、劇中でヒョンジンが制作した楽曲でもあり、個人的には一番印象深い一曲。

「TWENTY-TWENTY」OSTといえばこの曲

OST Part.1
「Twenty-Twenty」 PENTAGON

「A‐TEEN」のキャスト一新と同じく、メインテーマもセブンティーンからペンタゴンへバトンタッチ。

「TWENTY-TWENTY」感想

「A-TEEN」に続いて、イケメンを揃えてきたハン・スジ監督。

プレイリストの作品は、高校や大学などの舞台が一緒で、どこかつながっているのもが多いですが、同じ「A-TEEN」世代を異なるキャストで描いた今作にも、「A-TEEN」メンバーがカメオ出演していますね。

高校時代とは違い、もう少しハードになった大学生の葛藤を、ハン・ソンミンをはじめ、キム・ウソク、パク・サンナムら若手がうまく表現していました。

クールなイメージが大きかった、ハン・ソンミンのいろんな一面を見られ、A.C.E チャンの愛苦しいキャラと安定した演技と歌声も印象的。

Amazon Music Unlimited

「TWENTY-TWENTY」OSTも聴き放題
OST 配信リスト

DRAMA&OST

Posted by fan