『One the Woman』OST&感想

IromegaR評価 

竹を割ったようなお嬢様イ・ハニの一人二役、カムバックのイ・ウォングォンに注目。

One the Woman (2021)
 
ここから先はネタバレもあるのでご注意下さい

OSTも最初の4カ月無料聴き放題‼7/13まで

「One the Woman」OST

「One the Woman」OSTといえばこの曲


試聴・購入

OST Part.2
「시간의 문/Doors of Time」정엽/Jung Yup

ハチャメチャ歌詞でエンディングを飾ったダンスミュージック。

「One the Woman」感想

お嬢様と竹を割ったような性格の二役を演じきったイ・ハニ
素にも似たぴったりな役どころでしたが、私生活の華やかさもあり、非常に輝いていたのが印象的。

ヒロインを支えるのは、年を重ねるごとに深みを増すイ・サンユンと、除隊後カムバックのイ・ウォングン
ふたりが向かい合うシーンなんて、絵になり過ぎてため息が出るほど。
ナチュラルヘアでさらに洗練されたイ・ウォングン、今後がますます楽しみ。

悪徳上司が新鮮なキム・ウォンネ、相変わらずどことなくとぼけた感じのキム・チャンワン
ソンへ役チン・ソヨンは「空から降る一億の星」のキム・ジヒョンを彷彿させるハマり過ぎの性悪ぶり。

ミナの夫ソン・ウォンソクは、今まで見た役の中で一番の存在感。

若き日のヨンジュとスンウクを、THE BOYZヨンフンキム・ドヨンが演じていたのもツボ。
初回のエピローグから、後番組「悪の心を読む者たち」のキム・ナムギルチン・ソンギュの豪華カメオに唸る。
「熱血司祭」「エクストリーム・ジョブ」でイ・ハニとも共演したことがある2人が、後番組で共演するのもオモシロイご縁。

イ・ハニ×イ・サンユン、以前なら視聴しなかっただろうに、ヨンジュとスンウクの出会いから、スンウクの父の死の真相まで、絶妙なカラクリで展開される痛快ストーリーに、イッキに誘導され完走。

ロマンス不足に不満の声もあったようですが、むしろロマンス重視でなかったから十分に楽しめた派。

私生活でも結婚、妊娠、臨月グラビアと、話題に事欠かない幸せいっぱいのイ・ハニですが、どんな子育てをするのかも楽しみですね。

Amazon Music Unlimited

「One the Woman」OSTも聴き放題
OST 配信リスト

DRAMA&OST

Posted by fan