DRAMA

恋のラブ・アタック~初めてのトキメキを君と~(全8話)
두근두근스파이크2
WEB 2016

U-NEXT視聴

IromegaR的評価
ストーリー    
キスシーン    
ケミストリー  

ACTOR

ジャパンオフィシャルファンクラブ

イ・ウォングン:이원근:Lee Won-keun
1991年6月27日生
183cm 

MOVIE

女教師~シークレットレッスン~(2017年/96分)
여교사/Misbehavior

IromegaR評価
ストーリー 
キスシーン 
ケミストリー

SELECT

2012年MBC放送、架空の朝鮮王朝を舞台とした高視聴率ドラマ「太陽を抱く月」。
主演のキム・スヒョンが大ブレイクしましたが、成長後を演じる俳優さんに物足りなさを感じるほど、イケメン子役たちの活躍が話題になりました。
容姿もさることながら、演技でも高い評価を得たを受けた子役たち。
ベテランから新人まで、素敵な演技で魅せられたイケメン名子役たち4人の2018年活躍状況をまとめました。

ヨ・ジング(朝鮮王イ・フォン役)

1997生まれ。2005年8歳でデビュー。
キム・スヒョン演じる世子の少年時代役が印象的だった男の子は、すっかり声変わりもして、低音の魅力になりました。
ユ・スンホもそうですが、年齢のわりにはちょっとオジサンくさい感もなくはないですが、物怖じしないような貫禄ある演技は、ベテラン子役ならではですよね。
「太陽を抱く月」ではキム・ユジョンと「会いたい」ではキム・ソヒョンとキスシーンを演じていて、子役ながら2012年はオイシイ男だなと思っていました…
映画「ファイ」では、ベテラン俳優陣にひけを取らない演技で怪物的な高校生役を、「オレンジ・マーマレード」ではソリョン(AOA)とラブロマンスを演じたことで、子役から脱却した感があります。
2018年日本放送イ・ヨニ、アン・ジェヒョンとの「再会した世界」も楽しみです。

イ・ミノ(陽明君役)

2018年 イ・テリに改名
1993年生まれ。1998年、5歳でデビュー。
チョン・イル演じる陽明君の少年時代役で高評価を得た、ヨ・ジングよりも芸歴が長いベテラン子役出身俳優です。
同年「屋根裏のプリンス」では、おちゃめな臣下3人組の1人を演じていたのも印象的。
「太陽を抱く月」は少年時代役といっても、成人として初めて出演した作品とのことで、イ・ミノ自身もこの2作品が印象深いと語っています。
「華政」などの時代劇はもちろん、「病院船」ではハ・ジウォン弟役など精力的に活躍中。
理想のタイプは、ソン・イェジン、シン・ミナだそうです。

イム・シワン(ヒロイン兄ホ・ヨム役)

1988年生まれ。
俳優としては2012年、アイドルグループZE:Aメンバーながら、ソン・ジェヒ演じるヒロインの兄ホ・ヨムの少年時代役でデビュー。
ホヨム病症候群を巻き起こすほどの容姿と演技で、一躍有名になりました。
個人的には演技ドルといえば一番に思い浮かぶのが、イム・シワンです。
「トライアングル」のちょい悪役などもこなし、幅広い演技力を期待していた矢先での「ミセン」主人公チャン・グレ役の大抜擢。
数々の賞を受賞し、演技も高く評価されましたが、彼なしで「ミセン」のヒットはあり得なかったでしょう。
私自身も恋愛ドラマでもないのに、ものすごく先が気になって、引き込まれるように見ていましたから。
「王を愛する」を最後に2017年7月から兵役中ですが、除隊後の新作が楽しみです。

イ・ウォングン(護衛官ウン役)

1991年生まれ。
イム・シワンと同じく、ソン・ジェリム演じる護衛の少年時代役でデビュー。
「ジキルとハイドに恋した私」など、ちょい役でも妙に存在感がある気になる男の子。
イ・ビョンホンのマネージャーの目にとまり、演技の道に進んだのだとか。
映画「女教師」では、ユ・イニョンと大胆な濡れ場シーンに挑戦するなど、大人の男として一歩先を行っている感じ。
チョン・ウンジとの「恋にチアアップ!」、キム・ソウンとの「恋のラブ・アタック」など主演も多数。
2018年3月には主演映画「怪物たち」が公開、チェ・ダニエル、ペク・ジニとの「ジャグラス」など、今年も精力的な活動が期待できそうです。

まとめ

2012年時点では、ベテランのヨ・ジングとイ・ミノ、新人のイム・シワンとイ・ウォングンというくくりでしたが、2018年現在はそれぞれにキャリアを積み、イイ男に成長中ですね。
今後もこの4人には期待をこめて注目していきたいと思います。