『怪しいパートナー』キスシーン感想

2018-09-01

怪しいパートナー(全20話)
수상한 파트너
Suspicious Partner
SBS 2017

IromegaR的評価
ストーリー    
キスシーン    
ケミストリー  

演出:パク・ソンホ、チョン・ドンユン
脚本:クォン・ギヨン

出演:チ・チャンウク(ノ・ジウク)
ナム・ジヒョン(ウン・ボンヒ)
チェ・テジュン(チ・ウニョク)
ナラ(チャ・ユジョン)

チ・チャンウク初の本格ラブコメ、入隊前最後の作品

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「怪しいパートナー」感想

「ヒーラー」「THE K2」とアクション続きだったチ・チャンウクですが、ラブコメ初だったとは驚きです。
得意のアクションと鋭い眼光はもちろん、可愛い眼差しの甘いシーンも多くファンにはたまらなかったのではないでしょうか。

イ・ソンギョン、ハン・ジミンも候補だったヒロイン役。
チ・チャンウクとのケミはちょっと不安だったのですが、ナム・ジヒョン子役脱皮作として頑張ったと思います。
「ショッピング王ルイ」に比べて、かなりオトナっぽい演技になってきました。
女子は兵役がないので、男子よりも子役脱皮は難しいのですが、チ・チャンウクがうまくリードしてくれた感じ。
濃厚なラブシーンもキレイ仕上がっていましたね。

頭ボサボサで甘えてみても、しっかり者のイメージが強いのではじめは違和感を感じましたが、最終話のプロポーズシーンなんかは、すごくイイ表情をしていました。
30代になった方がもっともっと輝く女優さんのような気がしました。

チェ・テジュンも素敵な役どころでしたね。
もう1人のヒロイン、ナラの魅力はイマイチでしたが、キム・イェオンは今回も存在感ある脇役でしたね。
シン・ヘソンのように主演も近いのかしらと思える売れっ子ぶり。

ナム・ギエとユン・ボギンのオンマ対決もなかなか、イ・ドクファはコメディ演技も安定。
ドンハもホントに憎らしい連続殺人犯を熱演していました。

法廷ものなので、もっとグッとくる台詞や演出があったらと少し残念。
ジウクとボンヒの甘い時間は、キスシーンもプロポーズシーンも光の演出がとてもキレイでしたね。

実は前半部分を見れていないのですが、二度見たほうがよりよさをわかる作品かもしれません。

「怪しいパートナー」キスシーンまとめ

チ・チャンウク  ナム・ジヒョン
(ジウク×ボンヒ)

第8話キス
ジウクの告白キス。
光の演出とOSTでとっても素敵なシーンに仕上がっていました。

第14話キス
初夜の濃厚キスシーン。
まさかナム・ジヒョンがベッドシーンを演じる日が来るとは。
脱子役の記念すべきシーンです。

第16話キス
病院を見舞ったジウクにボンヒからの夢見心地キス。
女性からのキスシーンって何故だか惹かれます。
ジウクの表情もとても素敵でした。

第19話キス
法廷でのキスシーン。
2人のケミが不動のものとなったようなシーン。

最終話キス
酔っ払ってのおんぶポッポ、お見送りポッポ、プロポーズキス。
大人の女性に成長したナム・ジヒョンと相変わらずのやさしい眼差しのチ・チャンウクの集大成。
ジウクの歌と共に迎える素敵なエンディングでした。

 

Amazon Music Unlimited
韓国ドラマOST配信リスト

Sponsored Links

DRAMA

Posted by fan