『スタートアップ:夢の扉』キスシーン感想

スタートアップ:夢の扉(全16話)
스타트업
Start Up
tvN  2020年
日本初放送:Netflix 2020年月10月

IromegaR評価
ストーリー      
キスシーン      
ケミストリー    

演出:オ・チュンファン
脚本:パク・ヘリョン

出演:ナム・ジュヒョク、スジ、キム・ソノ、カン・ハンナ

パク・ヘリョン脚本家が、オ・チュンファン監督×スジと「あなたが眠っている間に」に続き再タッグ
韓国のシリコンバレーで繰り広げられる若者たちの愛と友情の成長物語

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「スタートアップ」感想

キャスト

ナム・ジュヒョク(ドサン役)
「イ・ジョンソクの次はナム・ジュヒョクですか」と思わず心の中で呟いてしまったキャスティング。
ヘアスタイルがイマイチ決まらないんだけれど、毎回見事に引き込まれる不思議な魅力がある俳優さん。
学校シリーズの初々しいイアンを思い出させる、ドサンのような純朴青年はまさにハマリ役。
涙シーンもとっても多かったですが、公私ともに成長していく姿は、とっても凛々しかったです。

童顔でカワイイ系なのに、男らしくしっかり決めてくるラブラインは、イ・ジョンソクやパク・ボゴムより安心してみていられる安定感があります。

「SKYキャッスル」以来、手の描写がより増えたように思える韓国ドラマ。
手フェチとしては嬉しい限りですが、ベビーフェイスでも男らしい手をした俳優さんって意外に多いんですよね。
ナム・ジュヒョクがこんなにごっつい手のひらをしていたのは意外。
ダルミが好きだという大きな手や肩幅など、恵まれたモデル容姿を生かした演出も素敵でした。

スジ(ダルミ役)
何故こんなに需要があるのかわからない、唯一の不安要素だった主演女優スジ。
パク・ヘリョン脚本家の作品は、「ドリームハイ」「あなたが眠っている間に」に続き3度目の起用。

周りは名優だらけなので、とにかく始終浮かないことだけを願いましたが、ヒロインの経験も少なくないのに、相変わらずの華のなさ。
前半は、出番が思ったより少なかったのは幸いでしたが、後半ソロ演技が増えると、予想通りの残念な場面も増えていきました。

実物はオーラがあるのかもしれませんが、今回も最後まで不安は拭えなかった…。
もっと元気いっぱいの新人女優のほうが輝けた役だったかもしれません。

 キム・ソノ(ジピョン役)
序盤からチャームポイントのえくぼ全開で癒されました。

優しくて、賢くて、でもちょっと意地悪だったり、一番いろんな感情表現が求められたジピョン役。
ドサンとダルミとの関係性もどんどん変化していきましたが、一見ワンパターンっぽい演技なのに、毎回引き込まれる不思議な魅力。
独特のテンポと所作は、いつも本当にうまいなぁと感心。

ドサンとのブロマンスや、ドチョン、AIヨンシルとのやり取りなどのコミカルシーンも絶妙。
少年役のナム・ダルムと奏でる、名女優キム・ヘスクとのケミもサイコーでした。

 カン・ハンナ(インジェ役)
キム・ソノ同様えくぼがトレードマークのカン・ハンナ。
悪女がよく似合うゆえに、ダルミの恋敵役かと思ったのですが、意外に姉妹役。

しかも悪女というよりは、絶対に揺るぎない聡明なキャリアウーマン姿は、後半につれどんどん魅力を放っていきました。
ジピョンとの恋仲もありかなと思ったのですが。

スジと並んでも、カン・ハンナの方が断然オーラがありました…。
マスカラが取れたパンダ姿もキュートでした。

 キム・ヘスク(ダルミ祖母)
豪華キャストだと思ったけれど、考えてみたらパク・ヘリョン作品ではお馴染みの女優さん。
「君の声が聞こえる」でのオンマからハルモニに変化しているのは時代の流れですね。

ノーメイクのような自然体で人間味あふれる姿には女優魂を感じるし、今作で一番憧れた女性像でした。
いつも鮮烈な名シーンを残しますが、今回も1話のナム・ダルム、最終話のキム・ソノと、ジピョンとのシーンが素敵すぎました。

一人でも信じて愛してくれる絶対的存在がいれば、ジピョンのように生きられる。
血のつながりがなくても、一番絆を感じた2人でした。

  • キム・ジュホン(ダルミ父)
    「サイコだけど大丈夫」がイマイチだったけれど、「浪漫ドクターキムサブ2」並みの名優ぶり。いつも違う顔を見せてくれますが、よき父親役が一番しっくりきたかも。
  • キム・ウォネ(ドサン父)
    「あなたが眠っている間に」に続いての出演。
    相変わらず休みなくヒット作に出演し続ける、韓国ドラマに欠かせない存在になりましたね。
  • ユ・スビン(チョルサン)
    「刑務所のルールブック」「愛の不時着」と軍服姿の印象的が強かったですが、テンポの良いセリフのやり取りは相変わらずお上手。サハとも結ばれて何よりですね。
  • キム・ドワン(ヨンサン)
    学生悪役が多かったゆえに、今回の役はとっても新鮮で期待していました。3人の中では出番少なめでしたが、ジピョンやインジェとの絡みなど、印象的なシーンを彩っていました。
  • ステファニー・リー(サハ役)
    最後はどんな悪役も輝かせてくれるパク・ヘリョンの脚本。チョルサンによって変わっていく姿が、とても愛らしかったですね。
  • ソ・イスク(サンドボックス創設者)
    オ・チュンファン監督と再タッグで「ホテルデルーナ」とはまた違った雰囲気。最近は悪役も減ってきましたよね~。
  • ヨ・ジング(AIヨンシル)
    「ホテルデルーナ」つながりでのカメオ出演。低音ボイスがこんな形で活かされるとは。最終話でのキム・ソノとの絡みも貴重な名シーンですね。
  • キム・カンフン(ドサン少年)
    「椿の花咲く頃」のピルグ役が忘れられない、期待の星の名子役。BTSのVに似ているともいわれていますね。
  • ナム・ダルム(ジピョン少年)
    序盤からキム・ヘスクと名優ぶり全開で泣かせてくれます。
    どんどん男らしくなってきて、ロマンス初主演が今から楽しみ。
  • ぺ・ヘスン(カメオ出演)
    「あなたが眠っている間に」でも名シーンスティラーだったので、カメオ出演も納得
  • イ・ボヨン(カメオ出演)
    ダルミの祖母のお店にお客として現れるのかな、と勝手に想像していたので意外な登場でした。
    「君の声が聞こえる」の母娘ツーショットを、もう一度見られるかなと期待していたのでちょっと残念。

演出×脚本

パク・ジウン×イ・ジョンヒョの「愛の不時着」ではじまり、キム・ウンスク×ペク・サンフンの「ザ・キング」、そしてパク・ヘリョン×オ・チュンファンの「スタートアップ」。
2013年の再来のようなすごい年だった2020年。

久々のパク・ヘリョン脚本もナイスキャスティング(スジ以外は)で、初回からぐんぐん引き込まれました。
カン・ハンナ、キム・ドワン、ソ・イスクなど、悪役が多い俳優たちを見事に善人に変える、細かく計算しつくされた脚本。
序盤の小ネタを掘り起こすエピソード、お互いに敬意を示す呼称や、コミカルネタまで、笑いと驚き、感動のバランスがほどよくてとても気持ちよかったです。

ヨ・ジングの音声出演は、「ピノキオ」でイ・ボヨンがカーナビ音声でカメオ出演したのを思い出させましたが、こういった細かい演出も素敵ですよね。

オ・チュンファン監督は、前作「ホテルデルーナ」とはガラリと変わった演出。
三原色にこだわったドサンの手作りスポンジやバスのつり革など、相変わらず美術面でも細やか。
初回の桜の花びらには「あなたが眠っている間に」を彷彿させました。

オープニングやエンディングは、チョン・ジヒョン監督の「WWW」のようでしたが、IT系ドラマはあんなふうになってしまうのか、スタジオドラゴン制作だからなのか。

エピローグも興味深く、毎回エピローグ内容を予測するのも楽しめました。

グっとくるような写真たちと4人が輝くラストの演出。
他のメイン3人が素敵なだけに、ダルミがスジでなかったなら…と、最後まで残念に思わずにはいられなかったですね。

「スタートアップ」キスシーンまとめ

ナム・ジュヒョク  スジ
(ドサン×ダルミ)

 7話キス
インジェの義父に侮辱され、怒りを抑えきれなかったドサン。
ドサンの新提案を受け入れる慰めと決起のようなダルミからのキス。
そして、ダルミの気持ちを知ったドサンからのキス。
恋愛経験のない2人とは思えないハードなファーストキス。
ドサンの手の生傷が甘さを引き立てる素敵なシーンとなるはずですが、この演出でよかったのかオ・チュンファン監督にも疑問。

 15話キス
「내가 왜 좋아?」を繰り返すドサンの口調と表情がせつな過ぎて、「너니까」とダルミが答えるまで、スジがヘマをしないかでドキドキでした。
お互いに自分の気持ちに素直になれた名シーンなのですが…
ファーストキスといい、妙に受け入れ体制万端のスジの演技が、キスシーンを不自然に感じさせるのかも。
ナム・ジュヒョクの魅力を半減させる残念なシーンではありましたが、15話はチョルサンとサハの素敵なキスシーンも見られました。

 最終話キス
虹はただの光の屈折現象だから願い事をしても無駄だというドサンへの証拠キス。
本質は変わらない二人を象徴するシーンであり、こういう何気ないじゃれ合いの会話が本当に素敵な脚本でした。

サハといい女性からのキスが多い作品でしたが、一番ダルミらしく、唯一しっくりくるキスシーンでした。

Amazon Music Unlimited

「スタートアップ」OSTも聴き放題
OST 配信リスト

Sponsored Links

DRAMA

Posted by fan