『ある春の夜』キスシーンOST

2019-08-29

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のアン・パンソク演出×キム・ウン脚本×チョン・ヘイン主演。

同じくイ・ナミョン音楽監督×レイチェル・ヤマガタで贈るジホとジョンインの心情を美しく歌い上げるOST。

「ある春の夜」おすすめキスシーンOST

Spring Waltz
(Carla Bruni)

女性ヴォーカル、イタリア出身のカーラ・ブルーニが歌う「スプリングワルツ」。
12話初夜キスから13話プロポーズキス、そして最終話の長回しで視聴者の想像力をかき立てるラストキスまで、甘い2人の時間を彩った楽曲。
自分の気持ちと共に閉じ込められていたように思えていた薬局が、1人の女性によって解放されていく様が、とろけるような甘美な歌声と共にたっぷり演出されていました。

「ある春の夜」名場面OST

No Direction
(Rachael Yamagata/레이첼 야마가타)

女性ヴォーカル、レイチェル・ヤマガタが歌うオープニング曲。
ジホとジョンインの絡み合った状況と感情を表現したオリジナル楽曲。

Spring Rain
(Oscar Dunbar /오스카 던바)
唯一の男性ヴォーカル曲。
9話のファーストキス、13話のジョンインを抱き上げて司書の仕事を手伝うシーン、最終話の誓約書の誓いを守れず許しを請うシーンなどで流れていました。

We Could Still Be Happy
(Rachael Yamagata/레이첼 야마가타)

ギソクの父に会いに行ったり、ギソクからの指輪を返せなかったり、ギソクへの罪悪感を払拭できずにジョンインが揺れるシーンで流れていました。

Is It You
(Rachael Yamagata/레이첼 야마가타)

新たな展開が予想されるエンディングなどに流れていました。

「ある春の夜」OST購入

ダウンロード購入

試聴・購入方法

One Spring Night (Original Television Soundtrack)

\ 韓国ドラマOSTも聴き放題 /
Amazon Music Unlimited

CD購入

Sponsored Links

OST

Posted by fan