『空から降る一億の星』キスシーン感想

2019-03-04

空から降る一億の星(全16話)
하늘에서 내리는 일억개의 별
The Smile Has Left Your Eyes
Ntv 2018
日本初放送:衛星劇場 2018年12月

IromegaR的評価
ストーリー    
キスシーン    
ケミストリー  
演出:ユ・ジェウォン
脚本:ソン・ヘウォン

出演:ソ・イングク、チョン・ソミン、パク・ソンウン

北川悦吏子作品韓国リメイク版
ソ・イングクの新たな一面が見られるウェルメイドドラマ

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「空から降る一億の星」感想

ソ・イングク入隊で残念と思っていたところにまさかの新作。
リメイク版というのと、主演のケミが少々心配でしたが、見終えわってしまえば、心温まるヒューマンラブストーリーでした。

キャスト

ソ・イングク
相変わらず作品選びが上手い。

もう「ナイショの恋していいですか!?」のミンソクような役は見られないだろうと思っていて矢先の「ショッピング王ルイ」。
まだまだ甘え男子も演じられるのかと思いきや今度はミステリアス男子。

毎回全く違う役どころで見せられるソ・イングクにいつも恐れ入ります。
シリアスな面ばかりではなく、ミンソクやルイのような可愛さも混同する役で、今までの集大成のような役柄でした。

どんどん大人の色気も出てきましたね。
前半のクールな眼差しから、終盤感情豊かな嗚咽シーンまで、相変わらず釘付けにさせらせる不思議な魅力があります。

チョン・ソミン
ソ・イングクのお相手として不安でしたが、一緒にOSTも歌う絶妙なケミでしたね。

それほど華があるわけではないのに、出演作では何となく気になってしまう女優さんです。

真摯に真っ向からムヨンに向き合おうするジンガンは、思わず応援してしまいたくなるほどに素敵な女子でした。

パク・ソンウン
善悪どちらの役も演じられるけれど、どこか悪を感じてしまう不思議な魅力の俳優さんですが、ムヨンに対して善にも悪にもなれるジングク役にぴったりでした。
一番つらい人生を生きたのは、実はジングクだったのかもしれません。

演出×脚本

演出は「ナイショの恋していいですか!?」のユ・ジェウォン監督なのですが、ミンソクとは全く正反対のムヨン演じるソ・イングクを今回もとても素敵に撮ってくれています。

「ああ、私の幽霊さま」などラブコメのイメージが強いのですが、シリアスものの演出も素晴らしいですね。
ソ・イングク自体も信頼してやりやすかったのではないでしょうか。

ムヨンと関わる人はとにかく不幸に見舞われますが、一見大事も淡々と描かれ、静かな流れの中でも先が気になりました。

序盤はVIXXのホンビン×ソ・イングクのイケメンコンビで引きつけられ、ムヨン×スンア(ソ・ウンス)×婚約者ウサン(ト・サンウ)の三角関係。

その後は、ムヨン×ジンガン、ユリ(コ・ミンシ)、ジングク後輩チョロン(クォン・スヒョン)の四角関係。
そしてムヨンとジンガンが結ばれた後は、ウサン姉(キム・ジヒョン)による仲違い。

主演はソ・イングクとチョン・ソミンであるに関わらず、周りのキーとなる人物が入れ替わり始終ストーリーを握る展開が面白かったです。
序盤はソ・イングクとソ・ウンスの恋愛ものと勘違いするほど。

「嫉妬の化身」「浪漫ドクターキム・サブ」と目にする機会が多いソ・ウンスですが、ソ・イングクのキスの相手役としては役不足でしたね。
韓国版「リーガルハイ」のヒロインにも抜擢されたので、今後主演として見る機会も増えるかもしれません。

終盤はやはり、キム・ジヒョン。
病的なまでにムヨンを操ろうとする濃艶な魅力が物語を大きく左右しました。

ムヨンのような子は自害してしまうパターンも多いだろうに、過去を封印していたがために生きられ、ジンガンにも再会でき、一見悲観的な人生も実は幸せだったのではと思います。

それよりも全てを受け入れて生きなければいけなかった、そして今後も全てを抱え生きていかなければいけない、ジングクの人生は酷過ぎますね。

ジングク同僚タク(チャン・ヨンナム)、精神科医(ヤン・ギャンモ)も程よいスパイスで、キャストがとても生かされた脚本でした。

北川悦吏子のオリジナルは未視聴ですが、結末は違うようですね。
サッドエンドともハッピーエンドとも捉えられる最期。
一緒に生きるより、一緒に死ぬほうが難しい。
魂のつながりをより強く感じながら迎える2人の最期は、個人的には最高のハッピーエンドだったと思います。

最期の最期にムヨンが発する「사랑해 」。
ソ・イングクの得意のひと言台詞。
涙なしでは見られない2人が、じんわり後をひく素敵なラストでした。

「空から降る一億の星」キスシーンまとめ

ソ・イングク  チョン・ソミン
(ムヨン×ジンガン)

8話キス
事故後行方不明になっていたムヨンからの一方的な再会キス。
ムヨンのことが気になってしかたないジンガンの微妙な心情を見事に描写。

10話キス
一夜を共に過ごしての甘いキス。
これまで心を開かなかったムヨンが犬のように甘え、優しく受け止めるジンガンが印象的。
シリアスが一気に甘いムードに包まれた素敵なシーン。

11話キス
これまでと一新し、温かい雰囲気のムヨンの部屋でのキス。
コアラ抱っこされるジンガンも可愛いく、2人のケミを象徴するようなシーンが続きます。

12話キス
ジングクに刺され、またも姿を消したムヨンとの再会キス。
光の描写がキレイで、2人の再会にはいつも子猫の存在がありました。

14話キス
火傷の跡を鏡越しに見ながらのバックハグポッポ。
真実を知る前の無邪気にはしゃぐ2人が痛々しくも微笑ましい。
2人の恋はスロースタートでしたが、後半はびっくりするほどに素敵なケミを見せつけられたカップルでした。


Amazon Music Unlimited
韓国ドラマOST配信リスト

Sponsored Links

DRAMA

Posted by fan