『あなたが眠っている間に』キスシーン感想

2019-03-22

公式ホームページ

あなたが眠っている間(全16話)
당신이 잠든 사이에
While You Were Sleeping
SBS  2017

IromegaR評価
ストーリー    
キスシーン    
ケミストリー  
演出:オ・チュンファン、パク・スジン
脚本:パク・へリョン

出演:イ・ジョンソク、スジ、チョン・ヘイン・イ・サンヨプ

パク・へリョン脚本家×イ・ジョンソク×スジ
2017SBS演技大賞5冠受賞の話題作

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「あなたが眠っている間に」感想

パク・へリョン×イ・ジョンソク第3弾の制作決定時は嬉しかったものの、ヒロインがスジということで、視聴が先延ばしになってしまいました。

キャスト

 イ・ジョンソク
パク・へリョン脚本家によってブレイクしたイ・ジョンソクでしたが、「ピノキオ」で出し切ってしまった感があったので、正直今作は期待と不安が入り交じった感じでした。
その後の「W」もやはりイマイチだったし、頼りがいのある女性を守る役どころは微妙ですね。
そしてイ・ジョンソクは、自身がどうこうより相手役の女優さんによって輝かされる俳優なのだと改めて思いました。
「君の声が聞こえる」のイ・ボヨンも「ピノキオ」のパク・シネも個人的には苦手な女優さんですが、イ・ジョンソクを輝かせる力量があったのでしょうね。

残念な感じでずっと見ていましたが、最終話の演技は素晴らしかった。
チェ課長やホンジェの前で子供のように泣きじゃくるジェチャン。
やっぱこういう少年のようなもろい姿の方が似合いますね。

とはいえ、やはり今後の成長に期待せずにはいられないのですが、新作は「ロマンスは別冊付録」。
入隊前最後の作品になりそうですが、イ・ナヨンとのケミが気になるところです。

目の下のホクロはセクシーさを増して、大人っぽくなってますが。

 スジ
建築学概論」で素敵な子だなと思ったスジ。
以降はことごとく期待を裏切られてきたヒロインだけに、イ・スンギ、キム・ウビンの共演が続き、スジフィーバーのような事態に疑問でしたが、イ・ジョンソクと共に人気者であることは否めないですね。

ゆえに視聴がためらわれたのですが、見始めてしまえば「建築学概論」以来一番しっくりきた役かもしれません。
しかし、演技賞を受賞するほどかといえばそれは微妙で、主演がほかの2人だったらもっと素敵なウェルメイドドラマに仕上がったのではともったいなく思う場面が多々ありました。
デビュー以来の長髪もばっさり切り臨んだ役だけに、それなりに評価はされていましたが…。

「ビッグ」ではスジを追いかけ回していたペク・ソンヒョンが、ウタクの友人として再共演してましたね。
随分とオジサンくさくなってましたが…。

 チョン・ヘイン
演技が素晴らしすぎた「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」を先に視聴してしまったので、かなり若さあふれる演技に感じましたが、この短期間であれほどまでに成長したチョン・ヘイン、ただ者ではないですね。
同じアン・パンソク演出×キム・ウン脚本で「春の夜」が決まっていますが、ハン・ジミンとも素晴らしいケミを見せてくれるのではと期待しています。

 イ・サンヨプ
ウタクのような主演の2人を見守る役の印象が強かったイ・サンヨプ。
最近は「シグナル」など悪役で目にする機会が多くなりましたが、甘いビジュアルは変わらぬまま。
登場する度に今度は何をしでかすのかとハラハラさせられる憎らしいユボムですが、イケメンぶりと演技の上手さに見とれていました。
悪だけど哀れなユボムという設定もさすがですね。

キム・ウォネ
遅いブレイクだったからとはいえ、休みなく働いて大丈夫だろうかと過労の心配までしてしまうほど、目にする機会が多いキム・ウォネ。
力の強い女ト・ボンスン」のようなコミカルから「シグナル」のようなシリアスな演技まで幅広い見事なシーンスティラー。
実は物語の鍵を握る重要人物、キム・ウォネ演じるチェ課長には何度となく胸を熱くさせられました。
キム・ウォネには多くのことを学んだとイ・ジョンソクが語っていますが、最終話の2人のシーンは一番の名シーンに仕上がっていました。

他にも腎移植を待つ首席検事役のペ・ヘソンの母心なんかは、「君の声が聞こえる」のキム・ヘスクを彷彿させるような演技と絶妙な脚本。
パク・ジンジュをはじめ、コ・ソンヒやピョ・イェジンもなかなかの存在感でした。

 歴代メンバー
まずは「ピノキオ」メンバー。
ジェチャンの弟役シン・ジェハ。
先輩検事のミン・ソンウクは、今回もキスシーンありですね。
イ・ジョンソクの兄を演じていたユン・ギュンサンとイ・ソンギョンは11話でカメオ出演。
オ・チュンファンが演出した「ドクターズ」から飛び出してきたカップルですが、イ・ソンギョンは相変わらず上手ですよね。
「君の声が聞こえる」でイ・ボヨンの少女役を演じたキム・ソヒョンなど、過去のパク・へリョン×イ・ジョンソク作品を彩ったキャスト達に出会えるのも醍醐味でした。

ナム・ダルム×シン・イジュン
ジェチャンとホンジュの少年少女時代を演じた2人。
ナム・ダルムは金髪頭を披露、イケメン俳優たちの少年時代役が多いですね。
「シグナル」の長い黒髪が印象的なシン・イジュンは、くり頭を披露。
美男美女の素敵なケミで、今後の活躍も期待したい2人です。

演出×脚本

パク・へリョン×イ・ジョンソクだけでもすごいと思っていましたが、演出は「星から来たあなた」のオ・チュンファン監督。
そしてイ・ジョンソクだけでなくスジも「ドリームハイ」以来のパク・へリョンとのタッグだったようで、私が思っている以上の注目度だったようです。

法廷もののファンタジーということで「君の声が聞こえる」ととても比べてしまいますが、ラストに向けどんどん面白くなる相変わらず素晴らしい脚本。

助けてくれた人に恩返しするための予知夢なんて、ホント素敵な設定ですよね。

チェ課長の正体が明らかになる瞬間なんて鳥肌ものだったし、最終話のまとめ方もさすがでしたね。

先が見え始めた15話までは、こんなもんかって感じでしたが、最終話ですべてが解決した後の結婚式からラストまでの演出も素晴らしく、やはり最高のスタッフなのだと改めて感じさせられました。

「あなたが眠っている間に」キスシーンまとめ

イ・ジョンソク  スジ
(ジェチャン×ホンジェ)

 4話キス
現実は未遂で終わる予知夢の中でのファーストキスシーン。
桜舞う中での名シーンです。

 7話キス
車中で上手くキスできないジェチャンに思わずしてしまうホンジェの別れ際キス。

 10話キス
過去に出会った少年は実はホンジェだったと気付き、お互いの思いと運命の再会を悟ってのキス。
ジェチャンの負傷を防げなかった困難を乗り越え、一層2人の愛が深まった瞬間。

12話キス
検事として判断に迷うジェチャンへ決起づけキス。
ジェチャンに守られながらも、強く支えるホンジェは素敵な女性像。

13話キス
ホンジェ念願の海でのキス。
取材を受けたジェチャンからのご褒美のようなキスもありました。

最終話キス
同じベッドで幸せな朝を迎えてのキス。
予想を裏切ることなくケミもキスもイマイチのカップルでしたが、ラストの素敵な演出によって後味よい作品となりました。

Amazon Music Unlimited
韓国ドラマOST配信リスト

Sponsored Links

DRAMA

Posted by fan