「それでも僕らは走り続ける」キスシーン感想

それでも僕らは走り続ける(全16話)
런온
Run On
JTBC  2020年
日本初放送:Netflix 2020年月12月

IromegaR評価
ストーリー      
キスシーン    
ケミストリー  

演出:イ・ジェフン
脚本:パク・シヒョン
出演:イム・シワン、シン・セギョン、チェ・スヨン、カン・テオ

イム・シワン待望のロマンス

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「それでも僕らは走り続ける」感想

キャスト

イム・シワン(ソンギョム役)
意図的に避けてきたのかと思えるほどに、恋愛ものに縁がなかったイム・シワン。
その代わり20代で演技派として認められ、機熟してのロマンス主演ですね。
制作記者会見ではたまたま縁がなかったことも判明し、今後がますます楽しみ。

どちらかというと、歌もダンスも苦手な演技ドルというイメージがあったので、スプリンターしてのバネのある姿はとても新鮮だったし、作詞にも参加したOSTの披露もファンにはたまらなかったはず。

チャン・グレの再来のような、一見何を考えているかわからないようなソンギョム。
淡々としているのにどこか引き込まれる、独特の落ち着きあるやさしさは、イム・シワンの空気感だからこそしっくりくる役。
対照的なシン・セギョンとのケミは、眺めているだけでも美しかったですね。

シン・セギョン(ミジュ役)
大人っぽさも年齢相応になってきたせいか、見るたびに演技力も美しさも増していくシン・セギョン。

まくしたてるような台詞が、ここまで心地よく響くのは、シン・セギョンだからこそ。
ダナやソンギョムとのアドリブのような自然なやり取り。
ほかの女優さんならあのミジュ感は、ありえなかったでしょうね。
「匂いを見る少女」では、ケミを阻害したように感じたくるくるヘアも、今回はミジュの強さと弱さを示す良きアイテムでした。

 ソ・ダナ(スヨン役)
キャスティング時から、唯一の不安要素だったスヨン。
前半は強がりの象徴のような衣装やらもチグハグで、一人浮いている感がとても残念でした。
後半につれ衣装もシックなものになり、徐々にダナになじんていった感がありますが、セリフのテンポは上手いのに、ご令嬢としてのビジュアルはイマイチ。
もっとダナ感あふれる女優さんがいるように思え、カン・テオの相手役としても、最後までしっくりこない感じでした。

 カン・テオ(ヨンファ役)
 5urpriseのマンネだったカン・テオも、最近では見るたびにオーラを増している感じ。

同じ学生役でも「初恋は初めてなので」の頃より、明らかに大人の色気も増し、時にはソンギョムよりも輝きを放っていました。
胸キュンセリフもヨンファの方が多かった気がします。
甘える姿にすら、華やかさだけでなく貫禄も感じられ、いよいよ主演も任せられそうな予感がしてきました。

  • パク・ヨンギュ(ソギョム父)
    相変わらず暴力的な父親役がよく似合いますね。最終話の花束贈与シーンがとても可愛かった。
  • チャ・ファヨン(ソギョム母)
    娘として妻として母として、一番壮絶な人生を歩んできた女性のように感じました。女優業に没頭することで生きられたのでしょうね。
  • チェ・ジェヒョン(ダナ弟)
    「夜食男女」でもキュートな弟役が印象的でした。演技ドルと思っていたのですが違うのかしら。気になる存在感を残しますね。
  • イ・ジョンハ(ウシク)
    パク・ボゴム系の男子で印象深い。ぺ・ヒョンソンのように目につく機会が増えそうですね。
  • キム・ウォネ(バー店長)
    最終話ではセリフがあったのは意外でした。
  • キム・ソノ(映画監督)
    ここでもキム・ソノのえくぼが見られるとは。正統派からぶっ飛んだ男子まで、本当に演技の幅の広さを感じます。

演出×脚本

これまでと違ったロマンスに高評価もありますが、好き嫌いが分かれる作品に感じました。

キャライメージとこれまでの演技力で、メインの4人を抜擢したという監督ですが、言葉遊びのような台詞の数々を、ここまでテンポよくこせたのは4人の実力あってこそ。
正直、台詞の意図が読み取れなかったり、マンネリもあったけれど、ビジュアル面で見事に補うキャスティングに失敗しなかったことが、後の評価に大きくつながっている気がしました。

格差のある恋をドラマチックに描くわけでもなく、台詞メインで淡々と短編カットをつなげるように展開するストーリー。
ご令嬢、ご子息特有の悩みもありながら、どこか庶民感覚な不思議さ。
台詞で魅せながらも、「恋愛ワードを入力してください」のように、キュンとする台詞を連発するわけでもなく、時折見せるシュールな笑い。

ダイナミックさがないゆえに、予測不能な恋模様ですが、特別なクライマックスもなく、どことなく「ミセン」のようなタッチは、まさにイム・シワンのために書かれた脚本のようでもありました。

走馬灯のように駆け抜ける、まさに原題「Run On」のように、その後もずっと見続けていたくなるようなエンディング。

映像美と共に、ただただ静かな男女の日常を描いたような、尾を引く新たな形のロマンスでした。

「それでも僕らは走り続ける」キスシーンまとめ

イム・シワン  シン・セギョン
(ソンギョム×ミジュ)

 2話キス
不本意な恋愛報道を避けるためのソンギョムの酔っぱらいキス。
2人の表情が本当に綺麗で、吸い込まれるようなキスシーンです。
スプリンターのソンギョムを象徴するかのように、スピーディーに展開する序盤。

 10話キス
ソンギョムの告白に応えるミジュからのキス。
これほど飾らないストレートな告白ができるのはイム・シワンだからこそ。
いつも飄々としたソンギョムに相反するような、表情豊かなミジュにも癒されました
 

 14話キス
離れていた2人が、再び恋をはじめる再開キス。
愛しさなのか、緊張なのか、照れ隠しなのか、ミジュの肩をムニュムニュするソンギョムがとても可愛いシーン。
こんなに男らしいキスをするのかと、イム・シワンに見とれてしまいました。 

Amazon Music Unlimited

「それでも僕らは走り続ける」OSTも聴き放題
OST 配信リスト

Sponsored Links

DRAMA

Posted by fan