『プライバシー戦争』キスシーン感想

プライバシー戦争(全16話)
사생활
Private Lives
JTBC 2020年
日本初放送:Netflix 2020年12月

IromegaR評価
ストーリー      
キスシーン       
ケミストリー     

演出:ナム・ゴン
脚本:ユ・ソンヨル
出演:コ・ギョンピョ、ソヒョン、キム・ヒョジン、キム・ヨンミン

コ・ギョンピョ除隊後復帰作
大企業の闇に迷走する詐欺師たちの戦い
ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「プライバシー戦争」感想

キャスト

コ・ギョンピョ(ジョンファン役)
除隊後復帰作はベタなラブコメを選ぶかと思ったのですが、とってもよい作品選びをしましたね。
撮影中に母親が逝去したりとプライベートでは不幸もありながらも、長身のスタイルの良さや、除隊後ならではのシュッとしたキレのあるアクションなど、スマートさが光りました。

ジュウンを守っているようで、実は過去もすべてを受け入れてくれるジュウンに支えられて生きるジョンファン。
自信満々の序盤から、次第にこれまでの生き方に疑問を持ちはじめ、どんどん変化していく表情はお見事でした。

「応答せよ1994」の頃から、キスシーンはいつも男らしく決めてくる俳優さんですが、意外に多かったロマンスもうっとりするほどセクシーでした。

ソヒョン(ジュウン役)
評価の高いソヒョンの演技は初めて見ましたが、、少女時代の他のメンバーより主演のオーラもバッチリ。

詐欺師ということもあり、オーラまで七変化する姿は実にお見事で、キュートさとセクシーさを相持つヨジャドルという点でも、とても貴重な存在に感じました。

詐欺師として育てられながらも、ジョンファンに対してはいつも変わらず、ピュアな愛情を捧げ続けたジュウン。
長身のコ・ギョンピョとも様になる数々の濃厚ロマンス。
主演2人のケミの良さなしでは見続けられなかった作品だったかも。

  • イ・ハクジュ(ミョンヒョン役)
    見るたびにガラリと雰囲気が変わるワクワクする俳優。ニコリともしない謎めいた表情で、物語のカギを握るような考えが読めない刑事も素敵でした。愛くるしい笑顔が拝める役を今後は期待。
  • キム・ヒョジン(ボッキ役)
    あまりなじみのない女優さんですが、アイメイク次第でチェ・ヨジンにそっくり。過去とジェウクへの愛がせつなかった。
  • キム・ヨンミン(ジェウク役)
    優しい役どころでも、どこか目の奥に怖さを持っている俳優さんなので、ジェウクはハマり役でした。つらい過去を持つもの同士惹かれたようですが、ハッピーエンドでよかった。
  • ソン・ソンミ(ジュウン母)
    「スタートアップ」同様、一癖ある母親役。ジュウンへのゆがんだ愛情がよく似合いました。
  • テ・ウォンソク(ハンソン)
    「誰も知らない」の室長役が怖すぎたけど、よく見るとナム・ジュヒョクが少し入っているような。ひそかに武術を琢磨するキュートな一面も見られましたが、最後までせつない役でした。
  • キム・ミンサン(キム室長)
    あまり善人であったためしがないキム・ミンサン。最後の無残さには少し驚きましたが、恨みを買って生きるものではないですね。
  • キム・パダ(ホソク
    出来損ないのキム室長の部下でしたが、イケメン路線でもなかなかイケるのかも。

演出×脚本

映画でも詐欺ものが多い韓国ですが、ドラマでこんなに引きこまれたのは「元カレは天才詐欺師」以来でしょうか。

嫉妬や復讐、愛、正義…複雑な感情が絡み合いながら行われる騙し合いは、謎が謎を呼び、どんどん先を見たくなるストーリー。
適度な甘いロマンスとシュールな笑い、露骨でありながら不自然でないPPL、そして少しずつ明かされる事件の真相と各々の過去。
詐欺ものでありながら、家族、夫婦、職場など、様々な形で描かれる愛情表現。
生命保険や新居の保証金などのリアルなエピソードや、ミョンヒョンらの恋なども抜け目ない。

テンポのよいうまさが光る演出は、「愛の温度」でも斬新さが目を惹いたナム・ゴン監督。
映像、音楽とスタイリッシュなのに、エンディングはトロット調で仕上げる徹底ぶり。
特別クライマックスがあったわけでもないのに、深く胸に刻まれるのは、一つ一つのシーンの完成度の高さなのか。
よくできた脚本ではあるけれど、ナム・ゴンの演出なしでは、ここまで素晴らしい作品になり得なかったかも。
脚本とキャストだけでない、演出の大切さを改めて感じさせられた作品でした。

「プライバシー戦争」キスシーンまとめ

コ・ギョンピョ  ソヒョン
(ジョンファン×ジュウン)

 2話キス
デートを楽しむ中、出会いたくない知人から逃げるように入った路地裏でのファーストキス。
お互いの素性を隠しながらも、純粋に恋を楽しむ初々しさが光るシーン。
除隊後の男前のコ・ギョンピョを、淡い街灯がノスタルジックに引き立てます。

 3話キス
新居探しの最中で、偽り合いながらも幸せな結婚を夢見る2人のバックハグとキス。
見返すほどに、ピュアなジュウンとせつないジョンファンの表情が胸を打ちます。

 9話キス
無事生きて現れたジョンファンに対し、複雑に感情が入り交じりながらも、再会のキスをせずにはいられないジュウン。
ジュウンのあふれ出す感情がたまらないシーンです。

 11話キス
ジュウンを無罪にしたいと話すジョンファンに対する、車内での「いってらっしゃい」キス。
ジュウンを守るためのジョンファンの正義にはハラハラさせられました。

 14話キス
ジュウンの部屋に招待してもらえ、嬉しそうなジョンファンのバックハグとキス。
ずっと陰で眺めることしかできなかったジョンファンの安堵が感じられるシーン。

 最終話キス
刑務所に面会に来たジュウンの手に口づけるジョンファン。
出所するジョンファンを迎えに来たジュウンの抱きつきキス。
ジュウンに付き添うハンソンが最後までせつなかった。
不甲斐なさを攻めるジョンファンと、いつも最高の笑顔とキスを届けるジュウン。
ロマンスシーンだけ見ても、会えることが当たり前でない大人たちの素敵なラブストーリーでした。

Amazon Music Unlimited

「プライバシー戦争」OSTも聴き放題
OST 配信リスト
MP3購入方法

Sponsored Links

DRAMA

Posted by fan