『Prime Video』と『Prime Videoチャンネル』の違い

「Prime Video チャンネル」は、「Prime Video」と同じAmazonの動画サービスですが、「Prime Video」とは全く異なるサービスで、無料体験終了後は「Prime Video」の会費(月額500円/年額4900円)とは別に、「Prime Videoチャンネル」の月額が発生します。

うっかり申し込んで騙されたということがないよう、あらかじめ「Prime Video」と「Prime Videoチャンネル」の違いをよく理解して、「Prime Video」を利用しましょう。

「Prime Video チャンネル」とは

「Prime Video」のアップグレード的なサービスで、Prime対象動画が見放題できるプライム会員だけが、利用できるサービスです。

「Prime Videoチャンネル」には、「韓流」「アニメ」「お笑い」など多数の専門チャンネルがあり、チャンネルごとに無料体験期間や月額が異なります。

ジャンルがごちゃ混ぜで楽しめる「Prime Video」とは異なり、ジャンル別により特化して楽しみたい人のためのサービスです。

「Prime Video チャンネル」のメリット

新たなアカウントが不要

「Prime Videoチャンネル」の中には、「dアニメ」「NHKオンデマンド」など、既に独立してあるサービスもあり、それらのサービスのアカウントをわざわざ作らなくても、サービスを利用することができます。

例えば、「dアニメ」は月額440円ですが、「Prime Videoチャンネル」の「dアニメチャンネル」を契約すれば、Amazonアカウントだけで同じ月額440円で利用が可能。

dアカウントの登録なしに「dアニメ」を利用できるだけなく、「Prime Video」と同じ支払い方法で自動支払いされるので、、煩わしいアカウント登録の手間を省くことができます。

Prime対象外コンテンツが見放題

Prime対象動画が、見放題になる「Prime Video」。

見放題以外のストア(課金)動画であっても、「Prime Video チャンネル」で配信中のものであれば、月定額で見放題が可能に。

例えば、「Prime Video」で見放題対象外の韓国ドラマ(全16話/1話220円)を全話視聴しようすると数千円かかってしまいますが、この韓国ドラマが「Prime Videoチャンネル」の「韓流チャンネル」の対象であった場合、全16話を月額550円で視聴できるだけでなく、「韓流チャンネル」で配信されているほかの動画も見放題することができます。

無料体験ができる

「Prime Video」とは別に、各チャンネルごとに無料体験が可能。

無料体験期間はチャンネルごとに異なりますが、プライム会員の無料体験中も申込が可能なので、プライム会員30日間無料体験中に「Prime Videoチャンネル」の無料体験もすれば、全く料金を発生させずに多くの動画を楽しむことができます。

「Prime Video チャンネル」のデメリット

「Prime Video チャンネル」だけの申込ができない

「Prime Video(プライム会員)」とセットでしか契約することができないので、はじめからジャンル別に特化して動画を利用したい場合は、「Prime Videoチャンネル」を経由せずに、直に「NHKオンデマンド」などのサービスを契約したほうがオトクです。

「Prime Videoチャンネル」は、プライム会員だけが申し込めるサービスなので、プライム会費(月額500円/年額4900円)+各「Prime Videoチャンネル」の月額が発生してしまうからです。

「Prime Video」はプライム会員の特典のひとつですが、「Prime Video」はあまり利用しないけれど、お買い物や読み放題など他のプライム特典はよく利用するとうプライム会員は、「Prime Videoチャンネル」を経由する方が、新たにほかのアカウント作成をする手間が省けるので便利です。

年額払いができない

「Prime Video チャンネル」は、Amazonの動画サービスですが、Amazon経由でほかの動画サービスを契約するようなもの。

プライム会員や「Amazon Music Unlimited」のように、年間割引はなく月額払いのみになります。

キャンセル方法が異なる

「Prime Video」のホームページや、「Prime Video」アプリで、検索や視聴ができる「Prime Video チャンネル」ですが、「Prime Video」とは解約方法が異なります。
事前に確認しておくことをおすすめします。

韓流向け「Prime Video チャンネル」

韓流向けチャンネルは、全4チャンネル。

チャンネル 無料体験 月額
韓国ドラマ&エンタメchannel 14日間 550円
韓流チャンネル 14日間 550円
アジアドラマチャンネル 14日間 880円
KBS WORLD 14日間 795円

「アジアドラマチャンネル」「KBS WORLD」は、古めのコンテンツが多く数も少なめ。

それはそれで、レア度もあったりするのですが、「韓国ドラマ&エンタメchannel」「韓流チャンネル」のほうが豊富で、見たいコンテンツが多いかもしれません。

特に「韓国ドラマ&エンタメchannel」は、無料体験延長などのキャンぺーンも多いチャンネルです。

まとめ

「Prime Video チャンネル」は、「Prime Video」のアップグレードサービスですが、解約方法など異なる点が多々あるので、無料体験の際もあらかじめ確認しておきましょう。

VOD

Posted by fan