『ノクドゥ伝』キスシーン感想

2020-04-24

ノクドゥ伝(全16話)
조선로코-녹두전
The Tale of Nokdu
KBS 2019年
日本初放送:衛星劇場 2020年2月

IromegaR評価
ストーリー    
キスシーン    
ケミストリー  
演出:キム・ドンフィ、カン・スヨン
脚本:イム・イェジン

出演:チャン・ドンユン、キム・ソヒョン、カン・テオ

生後まもなく父親である王に殺されるはずだったノクドゥ
すべての真実を知り選択を迫られたノクドゥの愛と復讐の物語

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「ノクドゥ伝」感想

キャスト

チャン・ドンユン(ノクドゥ役)

「ソロモンの偽証」の時から主演作を見てみたいと思わせたチャン・ドンユン。
その後は、何となく作品選びもイマイチ。
「ノクドゥ伝」も韓国での評判は悪くないし、相手役がキム・ソヒョンだったので、ハズレはしないだろうと視聴したのですが、やはりガッカリ。
放送前から話題となっていた女装姿は、白いお肌が映えてとってもキレイだし、剣を振りかざして戦う姿も悪くはない。
女装するためにしぼった体脂肪3%の肉体美も、キスシーンも素敵だったのですが。

若手が時代劇で見せる、話数が進む度に増していく、特有のオーラが足りなかったのかもしれません。
時代劇で見せつけられる若手も多いですが、時代劇の主演としては貫禄がまだまだ足りない感じがしました。

 キム・ソヒョン(ドンジュ役)

子役時代からの安定した演技で、時代劇も安心して見ていられるキム・ソヒョン。
共演者とのケミも抜群の名女優のはずなのですが、ケミはまだしも演技さえイマイチに見えてビックリ。
若手イケメンとの共演続きで羨ましいのですが、これほど彼女が冴えない作品って、珍しいなと思いました。

 カン・テオ(ユルム役)

5urpriseのマンネで、無邪気さが魅力だったカン・テオも、こんな見事な悪役を演じられるようになったのですね。
主演がイマイチだっただけに、カン・テオの成長がやけに目につきました。

そのほかには、「SKYキャッスル」ではダンディな眼鏡姿が素敵だったチョン・ジュノが朝鮮王。
「恋するジェネレーション」ではキム・ソヒョンと険悪役だったチョ・スヒャンも。

ユン・ユソンの行首役も新鮮でしたが、そういえば親友チョン・ミソンの代役だったんですよね。
チョン・ミソンの抜擢時には、行首役にはぴったりだと思ったと同時に、キム・ソヒョンとの「恋するジェネレーション」以来の再共演も楽しみだったのですが。
チョン・ミソンは、好きな女優さんの1人だっただけに、もう新作を見られないなんて心底残念だなと思いました。

演出×脚本

脚本は「雲が描いた月明かり」を共同執筆したイム・イェジン。

イケメンと実力派女優、ハッピーエンドなのに、何がよくなかったのかもわからないほどに、総合的にパッとしない作品。
イケメンというだけでもダメだし、名女優であっても撮られ方でこんなにも魅力が半減するものなのかと実感。

2人のロマンスシーンは、悪くなかったと思いますが、それだけでよい時代劇を作り上げるのは難しいのだなと思いました。

「ノクドゥ伝」キスシーンまとめ

チャン・ドンユン  キム・ソヒョン
(ノクドゥ×ドンジュ)

 6話キス
嘘をついたことを謝るノクドゥからの告白キス。

 10話キス
ドンジュの思いをキスで受け止めるノクドゥ。
雨の雫と日の光がキレイな中、お互いの気持ちが通じ合う素敵なキスシーンです。

 11話キス
宮中で働くドンジュに花指輪をプレゼントし、手の甲にキス。
バックハグするドンジュがせつないシーンです。
デートを楽しんだ後は、ドンジュと同部屋で寝たいノクドゥからの4段キス。
結局エンドゥに邪魔されてしまうのですが、3人で眠る絵がとても可愛いシーンです。

 15話キス
危ないノクドゥを助けたドンジュをたしなめながらも、再び戦場へ戻る別れキス。

 最終話キス
海岸での抱き上げポッポ、寝相の悪いドンジュへのキス、2人だけの婚礼キス、寝起きのバックハグポッポなど、幸せいっぱいのハッピーエンド。
緊張するノクドゥに対してキスは全然平気のドンジュ、なんてシーンもありましたが、実際のキム・ソヒョンもいかにものキスシーンは緊張しないけれど、最終話のイチャイチャキスは恥ずかしかったそうです。

Amazon Music Unlimited

The Tale Of Nokdu 조선로코 - 녹두전 (Original Television Soundtrack), Pt. 7

「ノクドゥ伝」OSTも聴き放題
OST 配信リスト
MP3購入方法

Sponsored Links

DRAMA

Posted by fan