『先輩、その口紅塗らないで』OST&感想

IromegaR評価 

いつの間にか惹かれ合う同じ部署の先輩後輩が織りなすオフィスロマンス(全16話)

선배 그 립스틱 바르지 마요/She Would Never Know(2021)

ここから先はネタバレもあるのでご注意下さい

9/23まで3ヶ月無料!高音質も追加料金なしで聴き放題

「先輩、その口紅塗らないで」OST

「先輩、その口紅塗らないで」OSTといえばこの曲


試聴・購入

OST Part.1
「나는 그래/Lean On Me」KIM JONG WAN(NELL)

「九尾狐伝」に続き、最終話エンディングまで盛り立てたNELLのキム・ジョンワンが歌うメイン楽曲。

「先輩、その口紅塗らないで」キスシーンOSTといえばこの曲


試聴・購入

OST Part.2
「I Feel You/만져져」SANDEUL(B1A4)

10話キャンプキス、14話家デートキス、最終話の相思相愛キスまで、名シーンを彩ったのは、B1A4サンドゥルが歌う楽曲。

「先輩、その口紅塗らないで」キスシーンOSTといえばこの曲


試聴・購入

OST Part.4
「To You /너에게
」KIM TAE WOO

12話ラストキス、最終話の朝のじゃれ合いや出勤前キス、4話のクラブシーンや6話のうたた寝シーンなど、ソンアを想うヒョンスンがあふれるキム・テウが歌う楽曲。

ソンアのOSTといえばこの曲


試聴・購入

OST Part.6
「Daydream/아이」 CHEEZE

14話ラスト再会シーンや、15話でソンアが酔っぱらって本音を漏らすシーンなどで流れていたのはチーズが歌う楽曲。
GFRIENDウナやBENなど、女性ヴォーカルも豪華なOSTでした。

「先輩、その口紅塗らないで」感想

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」と同じ匂いがする原題とポスターに魅かれ、期待と不安が半分だったのですが、予想以上のロウンの仕事ぶりに驚き。

「輝く星のターミナル」「偶然見つけたハル」と、これだけイマイチな演技ドルも珍しいと思っていたロウン。
不安要素の塊のような主演でしたが、初回からこれまでとは全く違うオーラに、グングン引き込まれました。

むしろウォン・ジナ以上の輝きで、無邪気さ全開の年下男子好演の前半。
後半は、大人っぽくため口でソンアを挑発していくヒョンスンと、演じ分けが素晴らしかったですね。

「一体、彼の中で何があったのでしょう」というくらいの豹変ぶりで、決め台詞をさらりとこなす姿は、まるで名優ソ・イングク。

ヌナ相手にキスがイマイチな感じは、「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のチョン・ヘインのようでもありますが、今後の伸びしろに期待せずにはいられない感じ。

パク・ウンビン、キム・ヒソンと、どんどん主演ドラマが決まる不思議さや不安が、一気に希望へと変わりました。

まだまだ新人とばかり思っていたウォン・ジナも、もうヌナにぴったりの30歳になっていたのも驚き。
やっぱり泣いたり怒った過ぎたりすると、崩れ過ぎてしまうのがもったいないけど、低音ボイスでクールな感じはやはり魅力的。

ヒョンスンに猛アタックする終盤も、クール過ぎず甘すぎずがイイ感じで、ソンアぴったりでした。

そんなふたりをテンポのよいカット割りでまとめ上げたのは、「運命のように君を愛してる」のイ・ドンユン監督。

相変わらずキスシーンの演出は素晴らしいですが、ゴン×ミヨンのようにキスケミはイマイチだったソンア×ヒョンスン。
「サム、マイウェイ」のドンマン×エラのような、身長差を生かしたラブシーンが多かったので、もったいなさはありますが、ウォン・ジナとロウンのパーツ差は沼。

スタイル抜群で顔が小さいロウンも、ウォン・ジナと並ぶと顔も手もそうでもない、このサイズ差もロウンの男の魅力を引き立てていました。
定番のお姫様抱っこよりも、あの身長に持ち上げられるウォン・ジナや姪役のパク・ソイが羨ましかったですね。

ヒョンスンの「나 한번 꼬셔 봐、윤손아(俺をくどいてみろ、ソンア)」から、振り出しに戻ったような最終話は特に楽しく、ヒョンスンのように酔っぱらって本音を漏らすソンアなど、回想シーンなしでも序盤が思い出されるような展開も愉快。
再会とラストの横断歩道、ソンアのハイヒール、ヌナではなく先輩かソンア、上司に悪態ついたり、原作通りなのかソンアの愛を試すようなヒョンスンの口調変化など、細部まで微笑ましくなるほどの構成。

アン・セハをはじめとする「クラール」メンバーや、よりを戻せそうにさえ感じさせる、素直さが急成長したヒョジュとジェシン。
ピアス穴がどうも気になるジェシンと、カールまつ毛がキュートなジェウンとの友情。

一見天然のようなジェウンとジスンは、実は両家にはかけがえのない立派な長男長女カップル。
一番上のジスンと末っ子ヒョンスンが仲良しのなのも、よくある姉弟あるある。

上司であり義兄弟でもあるジェウンとヒョンスンとの微妙な関係。
枕を濡らすほどの号泣シーンが印象的だったハウンとがヨンスンが、本当の母娘のようにどんどん似てくる不思議。

兄弟姉妹関係の絡み合いも、楽しい要素の一つでした。

ジェウンたちのウェディングシーンで終わると思いきや、ジスンがデザインしたドレス姿でソンア登場するラスト。
中だるみもありましたが、最後はしっかり仕上げてくるイ・ドンユン監督の手腕。

やはり年下男子ものは楽しいですね。

Amazon Music Unlimited

「先輩、その口紅塗らないで」OSTも聴き放題
OST 配信リスト

DRAMA&OST

Posted by fan