『ファンタスティック・クラブ』キスシーン感想

2018-02-26

「ファンタスティック・クラブ」

ファンタスティック・クラブ(全16話)
무림학교
Moorim School
KBS 2016
日本初放送:DATV 2016年7月

U-NEXT視聴

IromegaR評価
ストーリー    
キスシーン    
ケミストリー  

脚本:ヤン・ジナ
演出:イ・ソヨン

出演:イ・ヒョヌ、ソ・イェジ、ホンビン、チョン・ユジン

イ・ヒョヌVSイ・ホンビン(VIXX)が友情と恋に揺れる好青年を熱演
秘密めいた武林学校に、運命に導かれるよう入校した2人の成長を描いた青春アクションロマンス

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「ファンタスティック・クラブ」感想

武術を学ぶ学校が舞台なんて、あまりテンションが上がらない設定だったのですが、ソ・イェジとチョン・ユジン、今注目する2人の女優さんのキャストに惹かれて視聴。

さほど期待していなかったのもあってか、思ったよりもすごくよかったです。

子役時代しか知らなかったイ・ヒョヌが愛くるしいおめめそのままで、イイ男に成長していることにびっくり。
そして周知の通り、ふとした瞬間やピアノシーンなど、角度によってはホントにパク・ボゴム似。
同い年で比べられることも多いだろうに、「雲が描いた月明かり」のパク・ボゴムがあまりにもよ過ぎたので、演技には少々物足りなさもありました。
キャリアとしてはイ・ヒョヌの方が長いですが、最近は「パク・ボゴムに似ている」といわれる機会の方が多いような…。
パク・ボゴムのように作品にもあまり恵まれていないようですが、まだまだ伸びしろはありそうなので、除隊後の成長に期待したいところです。

でもこのユン・シウ役は、イ・ヒョヌのためにあるのではと思えるほど、彼の魅力があふれていました。
イ・ソヨンPDが「若者世代のためのドラマを作りたく、20代を代表する俳優としてイ・ヒョヌ以外考えられなかった」と語っていたのも納得。
脚本も彼の魅力を引き出すように書かれていたように思います。
個人的なイ・ヒョヌのイメージは、ちょっと気難しい喧嘩っ早いアイドル、ユン・シウにぴったりなのですが、後半の冷静に物事を解決していこうと成長していく姿には、新しいイ・ヒョヌへの期待を感じました。
歌もダンスも見られて、シャワーシーンのスバラシイ肉体やセクシーなピアノシーンなど、イ・ヒョヌファンにはたまらない作品だったのではないでしょうか。

スンドク役のソ・イェジは、「花郎」で気になっていた女優さん。
クールな王女役だったので、こんなに表情豊かに演じられることに驚き。
チキンヘルメットが似合う、人っ子がよい田舎娘スンドク役にはピッタリでした。
愛嬌満点の独特の言い回しも可愛かったですね。
時折見せるスレンダーなドレス姿などは、あまりのキレイさにドキリとさせられたり、今後もますます幅広い役どころに期待したくなります。

やんちゃなイメージのイ・ヒョヌが冷静で大人っぽいシウを、クールなイメージのソ・イェジが愛くるしいスンドクを演じるギャップが、印象深い作品にしているのかもしれません。

静かに進展していくシウのソンドクの恋。
名台詞とともに、お互いの気持ちを確かめ合うようなシーンが多くて素敵でした。
一見棒読みっぽい感じもなくもないイ・ヒョヌですが、何か妙にハマるんですよね。
ビジュアルで演技力がカヴァーされるなんてことは、私的にはありえないので、何なんでしょうね、あの魅力。
若手実力派と言われるゆえんなのでしょうか。

韓国ドラマによくある背中などをトントン叩いて慰めるシーンも、イ・ヒョヌは上手い。
違和感感じるリズムでのトントンが多い中、さするように慰めるトントンには、新鮮さを感じました。
キスもなかなかだし、主演も多くなってきたので、ホントにこれからが楽しみ。

とまあ、静かなキュンキュンが多かった可愛いカップルでしたが、実はソ・イェジはイ・ヒョヌにとってはヌナなんですよね。
イ・ヒョヌも見事な童顔ですが、ソ・イェジも負けてないです。

初主演のワン・チアン役ホンビンは、回を重ねるごとに演技がよくなっていく感じで、ぐいぐい引き込まれました。
ファン・ソナ役のチョン・ユジン、今回もしっかり存在感ありましたね。
どんな役でも何だか気になってしまうモデル出身の素敵な女優さん。
ワン・チアンとも結ばれ2人の父も得て、何気に一番のラッキーガールは、ファン・ソナだったのかもしれません。

総長役のダンディーなシン・ヒョンジュンと、私好みの作品への出演率が高いキム教授役のチョン・ヒテ。
いつも違う顔を見せてくれる素敵なベテランさんです。

ストーリー的には、ユン・シウの髪型が変わるのを境に2部にわかれている感じ。
ちょっと唐突すぎたけれど、黒髪になった途端、すごくイ・ヒョヌが金髪頭が似合っていたのだなと実感。
チアンの人が変わっていく感じもよかった。
天意珠の秘密は中盤気になったわりには、ちょっとあっけない結末だったのは残念でしたが…。

ラブロマンス、友情、過去の秘密の展開も、最終話の卒業生のその後も丁寧に描かれていて、悪くないとは思うのですが、視聴率低迷で全20話が16話で打ち切りになったのには、SBS「六龍が飛ぶ」と同時間だったってのもありますよね。

イ・ヒョヌとソ・イェジのケミはすごく良かったし、ホンビンの演技もちゃんと評価されてたのに、韓国の視聴率ってホントあてにならないと改めて感じる作品でした。

「ファンタスティック・クラブ」キスシーンまとめ

静かだけれど確実に育まれて展開していくシウとスンドクの恋。
男女の友情もうまく描かれていて、シウもスンドクもチアンと真摯に向き合っていたし、ソナのせつない想いもありながら、微妙な四角関係もドロドロしなかったのは、武林学校の学生という設定ならではだったのでは。
青春ドラマがドロドロしていても困りますが…
イ・ヒョヌとソ・イェジのケミは可愛くて素敵でしたね。

イ・ヒョヌ  ソ・イェジ
(シウ×スンドク)

7話キス
シウのピアノに引かれるように音楽室を訪れたスンドク。
スンドクの落とした五線譜ノートが、自分のためのものだと知り、思わずしてしまったファーストキス。
キス直前にみるみる表情が変わる、これまでにないキラキラと表情豊かなイ・ヒョヌにびっくり。
気持ちが抑えきれない衝動的なキスって魅力的です。
キス後の「미안해」の台詞もよかったですね。

14話キス
しばらく会えなかったシウとソンドク。
お互いの気持ちを確かめ合うような、雪が散らつく中でのロマンチックなスノーキス。
有名人のシウを路地裏に導く白いコート姿のソンドクも可愛かったし、どこまでもまっすぐで優しいシウも素敵。
制作発表の衣装といい、パーティードレスといい、ソ・イェジは清楚な白がよくお似合いです。
ソンドクのささやくような「会いたかった」からはじまる、大人っぽいやりとりは胸キュンポイントですね。

最終話キス
長年のつき合いで、だいぶ気を許した2人の可愛いポッポのやり取り。
結婚も決まり、事件解決後もゆっくり愛を育んできた様子がうかがえるシーン。
全体的にキレイにまとまり過ぎるくらいのラストですが、変にキスシーンで締めくくられるより、学校や卒業生のその後が丁寧に描かれていて、個人的には悪くないラストでした。

Sponsored Links

DRAMA

Posted by fan