キム・ヨングァンの長い手足を活かしたアクションに魅了-『ミッション・ポッシブル』感想

『ミッション・ポッシブル』感想

IromegaR評価 

ネタバレにご注意

キム・ヨングァンイ・ソンビン主演というだけで、何となく鑑賞し始めた「ミッション・ポッシブル」。

二人のティキタカに吸い込まれていたら、あっという間。

ジャージもスーツも様になる、キム・ヨングァンの容姿は、いつ見てもやはり犯罪的。

子犬のような愛嬌から、長い手足を活かした接近戦のアクションまで、存分に魅せてもらいました。

イ・スヒョクやチャン・ギヨンにはない愛くるしさ…。

そういえば大したロマンスもなかった…と見終わってから思うほどに、コミカルとアクションで十分にまとまっているストーリー。

というか、キム・ヨングァンはキスシーンがイマイチなので、むしろ変に甘さがなかったのが、よい後味につながったのかもしれません。

オ・デファンキム・テフンソ・ヒョンチョルチェ・ビョンモファン・ジョンミンら、そこにいるだけでコミカルになるシーンスティラーたち。
最後のホン・ソクチョンまで、抜け目ない演出も楽し。

新人監督キム・ヒョンジュのオリジナル脚本のようですが、「10人の泥棒たち」「技術者たち」「ワンライン」…
後味爽快のケイパームービーは、やっぱり最高。

MOVIE

Posted by fan