『カノジョは嘘を愛しすぎてる』キスシーン感想

2018-06-27

カノジョは嘘を愛しすぎてる(全16話)
그녀는 거짓말을 너무 사랑해/The Liar and His Lover
tvN 2017
日本初放送:Mnet 2017年6月

IromegaR評価
ストーリー 
キスシーン 
ケミストリー

脚本:キム・ジンミン
演出:キム・ギョンミン

出演:イ・ヒョヌ、ジョイ、イ・ソウォン、イ・ジョンジン、ホン・ソヨン、ソンジュ

人気漫画であり、佐藤健、大原櫻子主演映画「カノ嘘」韓国リメイク盤
日本版と違い、恋愛模様より男の友情の方が気になる

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」感想

日本の映画版はイマイチで、あまりいい印象がない作品だったのですが、イ・ヒョヌ主演と言うことで、チェックしないわけにはいかず。
入隊前になぜこの作品を選んだのかなとちょっと疑問で、「花ざかりの君たちへ」に続く日本のリメイク版出演っていうのも、日本でのブレイクを意識してのことか、なんて邪なことも思ってしまいましたが、考えてみると彼ほどの適役はいないんですよね。

「ファンタスティッククラブ」に続き音楽の才能がある青年役でもありますが、歌える美声の俳優という点ではハマり役。
音楽活動も盛んな彼だからこそオファーがある役なのでしょう。
今回も美声を披露してくれていますが、やんちゃっぽいのにすごく優しい包み込むような歌声、このギャップにいつもクラクラします。

単なる憶測には過ぎませんが、それでもイ・ヒョヌを魅力いっぱいに撮ってくれていることは確か。
少年っぽさが残る得意のキレキャラ、引き込まれるようなビジュアルは、ますます透明感を増し、イ・ヒョヌの魅力があふれる作品に仕上がっています。

男性に透明感というのもおかしな話ですが、佐藤健が演じた主人公ほどのクールさはないけれど、イ・ヒョヌの魅力は何といっても少年と大人の中間という、大人になれきれていない感じ。
女子高生相手に大人のオトコを演じていても、ちょっと違和感があるのですが、そこがまた可愛い。

でもこんなイ・ヒョヌはもう見納めなのかな、と感慨深くも見てしまいました。
なぜなら入隊前最後の作品だから。
きっと兵役後は凜々しさを増し、男らしくなって帰ってくるでしょう。
そんな姿も楽しみですが、この独特の大人になりきれていない雰囲気も捨てがたい微妙な心境。
演技的にもまだまだ伸びしろがいっぱいでなので、とにかく除隊は待ち遠しいです。

大原櫻子が演じたヒロインにはRed Velvetのジョイ。
初演技とのことですが、とにかくすごい美声の持ち主ですね。
イ・ソウォンも絶賛の演技力ではあるようですが、イ・ヒョヌとイ・ソウォン、イケメン2人の間に立つ子なので、もう少しビジュアル的には欲しかったです。
大原櫻子のキャスティングもよく声とビジュアルを兼ね備えた子を見つけたなと思いましたが、そんなヒロインってなかなか難しいのでしょうね。

イ・ヒョヌが先に決まっていたなら、やはりオーディションではイ・ヒョヌに合わせてヒロインを選ぶべきでした。
いくら歌が上手くても童顔男子と年下老け顔女子の格差は埋められませんでしたね。

窪田正孝が演じたCRUDE PLAYベーシストにはイ・ソウォン。
「むやみに切なく」の好青年ぶりが印象的だったけれど、考えてみるとちょっといじわる役もこなせる顔立ちですね。
イ・ヒョヌより年下なのに、むしろ上に見えるくらいの貫禄を兼ね備えているので、2人が並ぶ度にちょっと違和感さえ感じてオモシロかったけれど、近いうちに主演するであろう期待の俳優さんです。
ジョイははっきり言ってイ・ヒョヌよりイ・ソウォンとの方がケミが良かったので、やはりキャスティングミスを嘆かずにはいられません。

反町隆史が演じた代表にイ・ジョンジン、相武紗季が演じた元彼女にホン・ソヨンというキャスティングは絶妙。
でもイ・ヒョヌとの釣り合いを考えたら、ホン・ソヨンはちょっと大人っぽ過ぎましたが。
ここまで女優とのケミが悪いとイ・ヒョヌ自体のキャスティングミスにすら思えていきますね。

三浦翔平が演じたCRUDE PLAYリーダーにはUNIQソンジュ。
こういう音楽系のドラマは、新たな演技ドルに出会えるのも魅力です。

ストーリー的には、はじめから懸念したジョイとのケミの溝はずっと埋められず。
美声でカヴァーされていたヒロイン役ですが、ファーストキス付近なんて全く歌う機会がなく、最大のクライマックスと共にケミの違和感もマックスに。

最初からコールドプレイでじゃれ合う場面は好きだったので、後半は恋愛ではなくバンド内の友情を描いてくれたいたのが、とてもありがたかったです。
そして主演よりも気になるシヒョンとスヨンの恋模様も丁寧に描かれていていたのが、ストーリーポイントの高さにつながりました。

スヨン役のイ・ハウンはモデル出身の気になる女優さんですが今作は「SPY」に続き2作目。
ソンジュとのケミは抜群でしたね。
今後がとっても楽しみなカップルでした。

作品にイマイチ恵まれていない感が強いイ・ヒョヌ。
除隊後に期待ですね。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」キスシーンまとめ

イ・ヒョヌ  ジョイ
(ハンギョル×ソリム)

 10話キス
自転車に2人乗りしてでのキス。
ありえないくらい不自然な体勢で、興醒めするようなシーンでしたが、2人のケミを考えるとこの程度でよかったのでしょう。
歌声で何とか誤魔化されてきていたジョイの魅力もリセットされました。

最終話キス
高校生という設定もあってかキスシーンを最低限に抑えてくれて感謝。
最終話はさすがに仕方ないと思っていましたが、最後までケミがイマイチなカップルでした。
ジョイは「偉大な誘惑者」ではウ・ドファンとのケミは悪くなさそうなので、そちらを期待したいですね。

ソンジュ  イ・ハウン
(シヒョン×スヨン)

14話キス
学生時代からの誤解が解けてのキス。
相思相愛想なのに、すれ違いのような2人が本音を打ち明けるシーンで、最後に思わずキスしてしまう男らしいシヒョンがとにかく素敵でした。

最終話キス
ソンベからヌナに呼び方を変えることで、さらに距離を縮めるシヒョンからのキス。
離れようとしても話さないシヒョンと年上なのにシヒョンの前ではとっても可愛いスヨン。
主演のケミが残念だったので、2人のシーンにはとても救われました。
ホント少ないカットなのに名シーン揃いのカップルでした。

Amazon Music Unlimited
韓国ドラマOST配信リスト

Sponsored Links

DRAMA

Posted by fan