『内省的なボス』キスシーン感想

2019-01-24

内省的なボス(全16話)
내성적인 보스
Introvert Boss
2017 tvN
日本初放送:衛星放送  2017年5月

U-NEXT 視聴

IromegaR的評価
ストーリー 
キスシーン 
ケミストリー

演出:ソン・ヒョヌク
脚本:チョ・ファミ

出演:ヨン・ウジン、パク・ヘス、ユン・バク、コン・スンヨン

「恋愛じゃなく結婚」のスタッフが贈るオフィスラブコメ
つらい過去を抱えた内気なボスをヨン・ウジンが好演
視聴率は低めでしたが、名演技が光るパク・ヘスとのケミも素晴らしい
濃厚キスシーンも満載でラブコメ好きにはおすすめ

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「内省的なボス」感想

何の根拠もなくポスターだけでずっと気なっていた作品でしたが、改めてキャストを確認してビックリ。
もっと軽いノリのラブコメかと思ったのですが、意外に大どんでん返しの連続でした。

キャスト

ヨン・ウジン
ずっと気になっていていつか見てみたいと思っていたヨン・ウジン。
台詞というよりは内気ゆえに目で演技することが多いファンギ役でしたが、コン・ユのように見ていて飽きないキレイな俳優さんですね。

何となくファンギとロウンが「トッケビ」のキム・シンとウンタクを彷彿させました。

酔うと心の声が漏れてしまったり、歌ったり踊ったり。
少しずつ社交的になってからは素敵な声も加わって、可愛いのに色気もある不思議な魅力を発していました。

ユン・ドゥジュンにもオファーがあった役ですが、ヨン・ウジンのファンギが見られたことに感謝したいくらいのハマり役でした。

パク・ヘス
「師任堂(サイムダン)」でイ・ヨンエの少女時代を演じたパク・ヘス。
ヤン・セジョンと共にメインのイ・ヨンエとソン・スンホンよりも印象に残っていて、美男美女というわけではないのに不思議と華のある2人でした。

ヒロインに大抜擢ですが、やはりオーラがあり大胆さと可愛さを持ち合わせているロウン役にぴったり。
「鼻が特徴的な子だな」くらいで、それほど可愛さを感じていませんでしたが、改めて「キレイな子なんだな」と納得。

「ボスぅ~」と連呼する、彼女ならではの愛くるしい呼び声。
変顔も何のその、笑いからシリアスまで完璧にこなしてくる名女優ぶりには驚きました。
とにかくヨン・ウジンとのケミがよ過ぎて、キスシーンをはじめ数々の名シーンを生んでいました。
時に叱咤しながら優しく語りかけ、ファンギを全身全霊で受け止めるロウン。
素のパク・ヘスもロウンみたいな子なのかなと思って見ていました。

ユン・バク×コン・スンヨン
主演よりはサブが多いですが、今回もファンギの友人ウィル役ユン・バク。
感情豊かな表現が魅力的で、存在感ある俳優さん。
ファンギの妹イス役のコン・スンヨンもなかなかの売れっ子。
最近見たのは「君も人間か」でしたが、やはり清楚な役も似合いますね。

ファンギだけでなく、ウィルもイスもすべてを受け入れ、 目覚めていく様も物語のポイントとなっていました。

チャン・ヒジン
「ビッグ」以来で登場時は微笑んでいても悪顔にしか見えず、今回も嫌な役どころかと思ったので意外な展開でした。
ロウンのライバルであり良き相談相手でもあり、ファンギへの純粋な愛を貫く設定がとっても良くて、最後はとってもキレイなお姉さんに見えました。

サイレントモンスターメンバーは、個人的にはイマイチ。
母役のイェ・ジウォンのお茶目ぶりは、イメージを覆す新たな発見でした。
「最強配達人」でも出前しまくることになるキム・ギド、ファンギと同じ内気な社長イ・ビョンジュンなど名脇役たちの登場も楽しかったです。

脚本×演出

冒頭ではJYJジュンスも出演する話題ぶりでしたが、視聴率はあまりよろしくなかったのは残念でもあり、納得する部分もあり。

主演ヨン・ウジン×演出ソン・ヒョヌク×脚本チョ・ファミという「恋愛じゃなくて結婚」のスタッフゆえに期待もされていたはず。

「また!?オ・ヘヨン」も好評だったソン・ヒョヌクの演出で、ヨン・ウジンとパク・ヘスのケミが素晴らしく仕上がっているという点ではおすすめ。

ツンデレ御曹司が多い中、内気なボスという設定やサスペンステイストもとっても良かったと思うのですが、脚本のブレからか演出もイマイチになっている部分もありました。

冒頭は軽快なOSTとともに、久々に元祖ラブコメを予感させたものの物足りず。
序盤は仕方ないにしても終盤もエピソードの編集に雑さが感じられるもったいさがありました。

サイレントモンスター内の恋愛事情などももっと面白く描けたなら、メンバー達ももっと輝けたかもしれません。
エピローグで旦那様役にキム・ジソクまで登場させ、丁寧に描かれているユヒのエピソードはやはり印象深く残っているので。

キャスティングが絶妙で、個々の演技が光っているゆえにやはり残念さが否めず。

「視聴率は残念だが、最善を尽くした」とヨン・ウジンが語っていますが、「ビッグ」のコン・ユを見ているような無念ささえ感じました。
同じスタッフというのもってあってオファーを受けてくれたのもあるだろうに、パク・ジウンやパク・へリョンのようにヨン・ウジン×チョ・ファミでも、もっとよい作品を残して欲しかったですね。

総合的には残念な作品ですが、「恋愛じゃなくて結婚」も見てみたいと思いました。

「内省的なボス」キスシーンまとめ

ヨン・ウジン  パク・ヘス
(ファンギ×ロウン)

第10話キス
流れ的にはかなり遅めで待ちに待ったファーストキスですが、シャワールームでのとってもキレイなシーン。
プレゼンの最終リハもうまくいかないファンギを一生懸命説得しようとするするロウン。
キスしたのが嘘のようなプレゼン本番でしたが、こういう見せ場での台詞が弱い感じがしました。

 キス

第11話キス
3年前の真相が明らかにされていなくても、ファンギを信じて側にいるというロウン。
目で語るシーンがホントに多いヨン・ウジンですが、何ともいえない色気がありますよね。

 キス

第12話キス
ファンギの部屋で一夜を明かしてのお目覚めキス。
ファンギのおでこキスからはじまる素敵な朝ですが、まさかこの後に一波乱あるとは。
その後もファンギ宅にお世話になろうとするロウンとの攻防も笑え、寝袋に隠れるファンギにするおでこポッポもまた可愛い。

 キス

14話キス
ネックレスをプレゼントされたロウンが、ファンギにするお礼のヴァレンタインキス。
身長差を生かした階段キスの演出が素敵です。

 キス

最終話キス
正反対の2人を象徴しながら、甘いキスの嵐だった最終話。
コミカルからシリアスまで、どんなシーンもケミが最高だった2人。
完全にコンプレックス克服したファンギの素敵な低音ボイスで発せられる사랑해요キスで迎えるハッピーエンド。
笑顔の2人がとても印象的なラストでした。

 キス

Amazon Music Unlimited
韓国ドラマOST配信リスト

DRAMA

Posted by fan