『狂っていなければ』OST&感想

IromegaR評価 

リストラに立ち向かうサラリーマンたちのオフィス奮闘記、聡明なムン・ソリとクズ男イ・サンヨプのおかしな元夫婦関係も必見。

미치지않고서야/On the Verge of Insanity (2021)
 
ここから先はネタバレもあるのでご注意下さい

OSTも最初の4カ月無料聴き放題‼7/13まで

「狂っていなければ」感想

イ・サンヨプが出演、「チョンイル電子ミスリー」のようなニオイに誘われて何となく視聴のつもりが、痛快ストーリーに最後まで完走してしまった。

ガールクラッシュな有能女性上司を演じたムン・ソリ
歯に衣着せぬ人事チーム長でありながら、公私の狭間で右往左往するさまは、共感度高し。
時に会社全体を動かすほどの力がある人事の大変さを改めて痛感。
元旦那が年下ダメ男という弱点も心憎い。

そして、そのダメ男ことイ・サンヨプ。
かつての二番手男が、笑えるくらいのクズ男を、あまりにも自然に演じる怖さ。
コツコツと働く悪知恵には、感心させられっぱなしですが、間抜けさ弱さでみえる浅はかさ。
独特のおとぼけ感で嫌がらせするさまは、とにかく不思議な新鮮さ。

そして、そんなクズ男に何故できる女たちは惹かれてしまうのか。
第二の被害者になりかねなかったキム・ガウンは、作品ごとにガラリと雰囲気が変わりますね。

クズ男に敵対心を持たれてしまうあるある、有能開発者チョン・ジェヨン
台詞ひとことに重みを与える、独特の秘めた寡黙さがたまりません。
無駄のない淡々とした口調が職人気質にもぴったり。

綺麗なスクワットで魅了したジャヨン友人チャ・チョンファ、悪声にも豹変できる社長ハン・スンギは、時代劇問わず最近本当に売れっ子。

バンソクの同期たちも、アン・ネサンパク・ウォンサンパク・ソングンとダンディぞろい。
ジャヨン部下にイム・ヒョンスがいたのは嬉しい誤算。

リストラをテーマにしたドラマは多々あれど、リストラする側の人事に焦点をあてたものは新鮮で、演じるムン・ソリには共感する部分も多し。

女性上司の有能さと出世、家族の介護、職場恋愛ゆえの苦悩など、社会進出する女性に起こり得る、あらゆる問題が上手くまとめられたよくできた脚本。
脚本は「魔女の法廷」のチョン・ドユンですが、最後までどんでん返しがありそうな、絶妙なテンポに見事にハマりました。

いろんな人のひしめきで成立する会社ではありますが、一人クズ男がいるだけで、どれだけの人が振り回されていることか。

ムン・ソリ、チョン・ジェヨンもさることながら、意外にもイ・サンヨプのクズ男ぶりなしでは語れない作品でした。

Amazon Music Unlimited

「狂っていなければ」OSTも聴き放題
OST 配信リスト

DRAMA&OST

Posted by fan