『愛しのホロ』キスシーン感想

2020-03-17

愛しのホロ(全12話)
나홀로그대
My Holo Love
Netflix 2020年2月

IromegaR評価
ストーリー    
キスシーン    
ケミストリー  
演出:イ・サンヨプ
脚本:リュ・ヨンジェ

出演:ユン・ヒョンミン、コ・ソンヒ、チェ・ヨジン、チャンソン(2PM)

開発者にそっくりなホログラムと失顔症の女性、冷血漢な開発者との奇妙な恋のトライアングル

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「愛しのホロ」感想

キャスト

 ユン・ヒョンミン(ホロ/ナンド役)

「鶏龍仙女伝」以来に拝見するユン・ヒョンミン。

優しくて純粋なホロ、冷血さが妙にセクシーなナンド。
同一人物のようで相反する2人と、パク会長に利用されるホロなど、一人二役というより、三役にも近い役どころを見事に演じきっていました。

序盤からグングン惹きつける主演のオーラは十分。
「魔女の恋愛」のおちゃらけた印象が抜けきらないところがありましたが、アクションも色気も、これまでにない新しい魅力を見せつけられました。

これまではイマイチ役に恵まれていなかった感じでしたが、この調子だと次回作「どいつもこいつも」でのファン・ジョンウムとの共演も期待できそうです。

 コ・ソンヒ(ソヨン役)

いつのまにかヒロインで目にすることが多くなったコ・ソンヒ。

イマイチさを感じる女優さんなので半信半疑での視聴でしたが、少し前に視聴した「眼鏡女子」「失顔症」と同じテーマの「初対面で愛します」のチン・ギジュがあまりにもよかったので、やはりソヨン役には物足りなさを感じました。

コン・ヒョンミンをはじめ、イ・ジョンウンなどが周りが名優過ぎるので、なおさらもったい場面も多かったのですが、キスシーンになると妙に色っぽくなるのが不思議で、ラブシーンだけはびっくりするほど素敵なケミに仕上がってました。

でも、やっぱり違う女優さんのソヨンを見てみたかったかも。

 チャンソン(チャンソン役)

入隊中のはずなので、まさかお目見えすると思っていなかったチャンソン。
ファン・チャンソンならぬペク・チャンソン役。
役名と同名だったのは、たまたまだったのでしょうか。

クセのある役続きでしたが、父親のせいで素直に好きな女性を愛することも難しい可哀想な御曹司役。
序盤は悪役なのかとも思いましたが、最後は素敵な結末が待っていましたね。
毎回登場する度に、どんな顔をみせてくれるのかとワクワクさせられる除隊が待ち遠しい俳優さんの1人です。

ソヨンの母イ・ジョンウン、ナンドの母キム・スジン、ペク会長ナム・ミョンリョル、刑事ソン・ジョンハクなど、いつも異なる顔を披露してくれる名優たちのキャスティングもよかったと思います。

演出×脚本

「交渉人」などのリュ・ヨンジェによる脚本がいい。

AIものはなかなかオモシロイ作品が多いですが、実態のない人工知能というのは、はじめてな気がします。

姿は見えないホロを恋敵としてとらえ、自分に似ているがゆえに傷つきながらも奮闘するナンド。
ホロの開発者でなければありえない展開はとても新鮮で、無垢なホロと自虐的なナンドのキャラがここまで引き立ったのは、ユン・ヒョンミンのキャスティングがあってこそ。

中盤過ぎまでのAIと人間の三角関係もなかなかでしたが、ラストにかけてのナンドとソヨンの過去の秘密が一気に明かされていくスピーディーな展開もよかった。

いつの間にか引き込まれる演出は「知ってるワイフ」や「ショッピング王ルイ」のイ・サンヨプ監督。
毎回テンポと間の取り方が絶妙ですが、今回もオーロラキスやナンドのアクションシーンなど、素敵なシーンが沢山ありました。

スタッフや名優たちの活躍ぶりを思うと、やはりソヨン役の力不足を嘆かずにはいられません。

「愛しのホロ」キスシーンまとめ

ユン・ヒョンミン  コ・ソンヒ
(ナンド×ソヨン)

 2話キス
酔いつぶれたソヨンがホロと見間違え、ふらつきながらナンドにしてしまうハプニングキス。
ホロそっくりのナンドの登場で、今後の展開を期待させました。

 6話キス
ホロと屋上にオーロラを見に行ったものの、うたた寝してしまったソヨンが見る夢の中でのキス。
実態のないホロを思うあまり、ホロとのキスシーンを妄想してしまうソヨンですが、オーロラの輝く中での幻想的な素敵なキスでした。

 9話キス
頭の中ではホロを思うソヨンを理解してあげたいけれど、やりきれないナンドのキス。
実態のないホロに嫉妬したり、AIと人間の狭間で思い悩むナンド。
乱暴な行動とは裏腹に、ナンドの優しさも垣間見えるシーンです。

 10話キス
悲しむナンドを前に、やっと自分の気持ちに素直になれたソヨンからのキス。
涙に濡れるナンドを包み込むようなソヨンの優しさあふれるシーン。
過去の傷を抱えたどこか似たもの同士の2人が結ばれた瞬間。

 11話キス
自分を犠牲にすべて抱え込もうとするナンドを諭すソヨン。
そんなソヨンの思いに応えるナンドのキス。
お互いを思い合う2人が切なすぎるシーン。

 最終話キス
ナンドに抱きかかえられて帰宅するソヨンのコアラキス。
路上おんぶはあっても、歩きながらのコアラキスは珍しく新鮮でした。

全体的にキスシーンだけは、ケミが爆発する作品でした。

「愛しのホロ」が見られるのはNetflixだけ
オリジナル制作韓国ドラマ

Amazon Music Unlimited

My Holo Love (Music from the Netflix Original Series)

「愛しのホロ」OSTも聴き放題
OST 配信リスト

Sponsored Links

DRAMA

Posted by fan