『ああ、私の幽霊さま』キスシーン感想

2018-08-29

「ああ、私の幽霊さま」公式サイト

ああ、私の幽霊さま(全16話)
오 나의 귀신님
Oh My Ghost
tvN 2015
日本初放送:Mnet 2015年12月

created by Rinker
Nbcユニバーサル エンターテイメント

IromegaR評価
ストーリー 
キスシーン 
ケミストリー

演出:ユ・ジェウォン
脚本:ヤン・ヒスン、ヤン・ソユン

出演:チョ・ジョンソク、パク・ボヨン、キム・スルギ、イム・ジュファン、クァク・シヤン

ドラマ初主演のパク・ボヨンと実力派チョ・ジョンソクの共演
オーナーシェフとスタッフ、幽霊の奇妙な三角関係

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「ああ、私の幽霊さま」感想

パク・ボヨンがドラマ初主演、しかもキスシーンも初めてだなんて考えられない作品です。

至らないボンスンが、本当に幽霊が憑依しているように、違和感なく淫らなボンスンに変化する名女優ぶり。
可愛さと演技力だけでなく、ちょいセクシーさも加わって、パク・ボヨンの魅力あふれる役どころでした。

相変わらずの美白ぶりで幽霊役がぴったりのキム・スルギ。
見開くと飛び出しそうなくらいのおめめで、元気いっぱいの女性は彼女の十八番ですが、どんな役でもこなしてしまうカメレオン女優のイメージがあります。

7話でこのちびっこ女優2人が結託して闊歩する後ろ姿は、ファンとしてはたまらないシーンでした。

2人以外もキャストが素晴らしい。

演技派で、歌もダンスも得意なソヌ役のチョ・ジョンソク。
今回もちょっとギターのお披露目がありましたね。
安定した演技でボンソンのすべてを受け止める役でしたが、実際もドラマが初めてのパク・ボヨンを支えていたのかと思うと、いろんな意味でケミが素晴らしいカップルなのだと改めて実感。

ソヌの義弟役、イム・ジュファン。
最近はどうしたものか、2面性のある悪役を演じる機会が多すぎます。
物語のカギを握る重要な役どころで、演技力を見せつけられるのは悪くないですが、たまにはバリバリの主演もして欲しいですね。
どんな役でもイケメンに変わりはありませんが。

ソヌの妹役のシン・ヘソン。
小憎たらしい役が目につく女優さんでしたが、ウニのような清楚な役も似合いますね。
最近は「黄金色の私の人生」「30だけど17です」など主演に抜擢されるようになりました。

シン・へソンと同じく出演のレストランスタッフのカン・ギヨンは、「ナイショの恋していいですか!?」スタッフつながりでしょうか。

主演カップルを見守るレストランスタッフ、クァク・シヤンや霊媒師イ・ジョンウンもいい味を出していました。

「ナイショの恋していいですか!?」の監督と脚本家が再びタッグを組んだ作品ですが、絶賛するほどのストーリー展開でもないのに、名キスシーン、名場面をつくり出すスタッフたち。

ちなみにチョ・ジョンソクは制作陣で、イム・ジュファンはパク・ボヨン出演というだけで、オファーを受けたようです。
「力の強い女ト・ボンスン」のパク・ヒョンシクもそうですが、ボブリーとの共演は即OKの俳優さんが多数なんでしょうね。
女性から見てもとても愛くるしい女優さんですから。

パク・ボヨンとイム・ジュファンの憑依演技のうまさ。
パク・ボヨンとチョ・ジョンソク、キム・スルギ、両コンビとのケミのよさ。
そして、パク・ボヨンのOST参加。

まさにパク・ボヨン万歳な作品でした。

「ああ、私の幽霊さま」キスシーンまとめ

チョ・ジョンソク  パク・ボヨン
(ソヌ×ボンソン)

第4話キス

寝込むソヌの看病にきたボンスンをソヒョンと間違えてキス。
憑依された淫らなボンスンがうまく表現された素敵なシーンです。

第8話キス

水をかぶったボンスンをタオルごと引き寄せてのキス。
ちょっとした演出が「ナイショの恋していいですか!?」のキスシーンを彷彿させます。

第10話キス

一緒に旅行に行きそびれての初夜未遂キス。

最終話キス

チョ・ジョンソクのアイディアという抱き上げキス。
自然過ぎて怖いくらい、2人の演技力とケミのよさが爆発したシーンでした。

Amazon Music Unlimited
韓国ドラマOST配信リスト

Sponsored Links

DRAMA

Posted by fan