『チョコレート』キスシーン感想

2020-02-02

チョコレート(全16話)
초콜릿
chocolate
JTBC 2019
日本初放送:2020年1月 Netflix独占配信

IromegaR評価
ストーリー    
キスシーン    
ケミストリー  
演出:イ・ヒョンミン
脚本:イ・ギョンヒ

出演:ハ・ジウォン、ユン・ゲサン、チャン・スンジョ

ここから先は超ネタバレのためご注意下さい

「チョコレート」感想

キャスト

 ハ・ジウォン(ムン・チャヨン役)
「こんなハ・ジウォンを見たかった」という念願叶った作品。

「シークレットガーデン」「奇皇后」「君を愛した時間」など強い女性のイメージが強かったハ・ジウォン。
大ヒットに恵まれるものの甘える演技はイマイチで、ずっと物足りなさを感じていたのですが、芯の強さを感じつつもどこか上品で慎ましやかなチャヨン役は、ハ・ジウォンの美しさを象徴するまさにぴったりの役どころでした。

料理シーンも思わず見入ってしまう美しさがあり、揺らぐ瞳がたまらなかったです。

 ユン・ゲサン(イ・ガン役)
心を閉ざしてしまった冷血漢ぶりと、チャヨンへの想いに素直に従ってから笑顔のギャップがたまらなく、圧倒的な存在感を放っていたユン・ゲサン。
「ロードナンバーワン」から「レッドカーペット」のコミカル演技まで、必ず観たい俳優ではないけれど、絶対期待を裏切らない俳優さん。
男らしさならぬ男臭さが、ハ・ジウォンの可憐さを際立たせ、絶妙なケミを生んでいました。

 チャン・スンジョ(イ・ジュン役)
ボーイフレンド」もせつなかったですが、イ・ジュン役はさらに上回る痛々しさ。
台詞よりも表情を求められる演出でしたが、これだけせつない役続きのせいもあってか、より深みが増しているように感じました。

初恋も実らず、小さな頃から1人も理解者がいない一番つらい人生を送ってきたであろうジュン。
初恋の相手に吐く台詞には医師としての気高さも感じましたが、もしかしたら誰よりも心優しくて、環境が違えばガンにとってもずっと良い兄でいられたのかもしれません。

子役とのシンクロ度もあり、確かにガンの兄ではあるのですが、ユン・ゲサンの貫禄に負けて弟のようにしか見えない場面もありました。

後半ロマンスもあるのかと思いきや、劇中では最後までイマイチ浮かばれない存在だったのが残念。
今後は主演で幸せなチャン・スンジョも観てみたいのですが。

ジュンを取り巻く家族も強烈キャラ揃いばかりでしたが、母親役のキム・ソンギョンはやはり最終的には悪女と化しましたね。

 ミン・ジヌン(ムン・テヒョン役)
おちゃらけ役の多いシーンスティラーのミン・ジヌンですが、シリアス役もしっくりハマる素敵な俳優さんです。
ジュンやガン、チャヨンとのおふざけから、淡い恋や被害者家族の代弁シーンまで、今回も見せつられました。

 キム・ウォネ×キム・ホジョン
こちらもシーンスティラーの名優キム・ウォネ。
出演作品には名作が多くて、チョイ役でも登場すると思わず期待してしまう俳優さん。
ホスピスの院長でありながら、病気の前妻に驚くほど冷たく接する姿に、男女の関係なんて表面上ではわからない、脚本のうまさを感じました。
前妻役のキム・ホジョンもハ・ジウォン同様とってもキレイに撮られていましたね。

 ヨム・ヘラン×チョン・ソクホ
「椿の花咲く頃に」同様、キャラは違えどホスピスの師長役として素敵な演技を見せてくれたヨム・ヘラン。
利用者や家族、院長のよき理解者としてもホスピスには欠かせない存在でした。
今回はチョン・ソクホとのロマンスもあり、ホスピス看護師としての責任や苦悩をうまく演じていました。

演出×脚本

「ごめん、愛してる」のスタッフが15年ぶりのタッグということで期待されていましたが、予想以上に胸を打つ作品でした。

近頃の韓国ドラマはヒューマンロマンスのウェルメイドが多過ぎますね。

最近視聴した「椿の花咲く頃に」とどうしても比べてしまいますが、同様にとにかく脚本が素敵過ぎ。
OSTで聴かせて見せる独特の演出は「ボーイフレンド」のようでもありますが、台詞なしの長回しは俳優さんたちの演技力があってこそできる手法。

脇役に支えられていた「椿の花咲く頃に」に比べると、主演の2人はもちろん、子役からベテランまで皆が圧倒的な存在感で、キャスティングの上手さも感じました。

苦しい序章から、穏やかな中盤、そして甘い終盤と、シリアス、ヒューマン、ロマンスがテンポよく進むストーリー。
16話だとキャストへの愛着も中途半端になることが多いですが、チョコレートの持つ甘さとほろ苦さを、ロマンスと人間味でしっかり表現されていて、最後までしっかりまとまっていました。

舞台がホスピスで「生」をテーマにしているだけあってか、生命の源である「海」の情景が効果的に使われていたのも印象的。

甘さとほろ苦さを合わせ持つ大人のラブストーリーでした。

「チョコレート」キスシーンまとめ

ユン・ゲサン  ハ・ジウォン
(ガン×チャヨン)

 14話キス
すべてを打ち明けるチャヨンに想いあまってのファーストキス。
海の描写とすっぽりチャヨンを包み込むガンの美しさに胸を打つシーン。
胸の内を淡々と明かすハ・ジウォンの清楚さ、胸の内を行動で見せるユン・ゲサンの男らしさも見どころです。

 最終話キス
ガン宅でも誕生日祝いでのキス。
素直な思いを口にする違和感ないユン・ゲサンと素直に受け止めるハ・ジウォンの絶妙なケミが光るシーン。
ギリシャでのラストキスもやはり海の描写がキレイでした。

「チョコレート」が見られるのはNetflixだけ
独占配信リスト

Amazon Music Unlimited

Chocolate (Original Television Soundtrack)

「チョコレート」OSTも聴き放題
OST 配信リスト

DRAMA

Posted by fan